HOME > 詳細 > 情報法制研究 第3号
情報法制研究 第3号

【オンデマンド】 情報法制研究 第3号

情報法領域の最先端を解析!

情報法制学会/編


2018年05月発売
B5判並製 , 109ページ
オンデマンド定価 3,240円(本体 3,000円)
オンデマンドISBN 978-4-641-49931-7
(原本ISBN 978-4-641-49931-7)



法学・法律問題一般 > 法とコンピュータ
憲法 > 基本的人権 > 精神的自由
行政法 > 行政手続・参加・情報公開・個人情報保護
経済法 > 企業法・独占禁止法

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

情報法制学会発行の機関誌。日々進展する情報法領域の最先端を、法律・経済・工学など各分野の第一線で活躍する研究者・実務家が鋭く分析。公募査読論文や情報法に関する内外の動向を紹介する資料なども掲載。毎年5月、11月の2回発行。
目次
【巻頭言】サスティナブルな暴走は可能か◎坂井修一
刑事司法の最適化と情報技術・ビッグデータの活用◎稻谷龍彦
メディア市場における新規参入の影響◎宍倉学
ネット中立性規制ver.4へ――ネットワーク中立性3.0の世界◎実積寿也
The Principal Japanese AI and Robot Law, Strategy and Research toward Establishing Basic Principles◎新保史生
サイバー脅威に対する状況認識のために整備すべき態勢と獲得すべき能力◎名和利男
プライバシーに関する契約についての考察(3)◎板倉陽一郎
【公募論文】日本の個人データ保護法制における保護対象の歴史的変容◎加藤尚徳
短報(第3回情報法セミナーin京都)/情報法制をめぐる動き(2017年7月~12月)/学会・財団記事/情報法制学会規約、ほか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016