HOME > 詳細 > 社会学の歴史Ⅰ -- 社会という謎の系譜
同一ジャンルへ: 社会学
社会学の歴史Ⅰ

社会学の歴史Ⅰ -- 社会という謎の系譜

社会学の流れがわかる

奥村 隆 (立教大学教授)/著


2014年12月発売
四六判並製カバー付 , 296ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-22039-3
A History of Sociology: Discovering Enigmas of Society Ⅰ

社会学
社会学 > 社会学史
入門書・概説書

○在庫あり
書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


社会学者は何を「謎」ととらえ,どのように格闘してきたのか。19世紀から20世紀にかけての社会学の成立と展開を,はじめて学ぶ大学生への講義ライブという文体で魅力的に解説する。社会学者の声が響きあい,読み物としてもおもしろい入門テキスト。
目次
第1章 「社会学」のはじまり─社会という謎
第2章 カール・マルクス─資本という謎
第3章 エミール・デュルケーム─連帯という謎
第4章 マックス・ヴェーバー─行為という謎
第5章 ゲオルク・ジンメル─距離という謎
第6章 シカゴ学派とミード─アメリカという謎
第7章 パーソンズとマートン─秩序という謎
第8章 亡命者たちの社会学─ナチズムという謎

書評等

◆書斎の窓の「書評」にて,大村英昭・筑紫女学園大学学長が本書を紹介しています。 →記事を読む

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016