HOME > 詳細 > 労働法 第5版
同一ジャンルへ: 労働法
労働法

労働法 第5版

有斐閣アルマ > Specialized

浅倉 むつ子 (早稲田大学教授),島田 陽一 (早稲田大学教授),盛 誠吾 (一橋大学特任教授)/著


2015年04月発売
四六判並製カバー付 , 538ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-22040-9
Labor Law

労働法
入門書・概説書

○在庫あり

労働にまつわる問題の現状と課題を知り,法的視点から考える力を養う,スタンダード・テキスト。新規判例を多数取り入れ,労働契約法・パート労働法などの法改正も詳細に解説した。労働をとりまく社会の変化と,変わりゆく労働法のダイナミズムを体現した改訂版。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
1 労働法の魅力
 1労働法を学ぶ
 2労働法のアウトライン
2 労働法のダイナミックス
 3労働法の新たな地平
 4 男女平等へ
 5 労使紛争への新たな対応
3 労働のステージ
 6 労働契約と労働契約法
 7 労働契約の成立
 8 労働条件の決定と変更
 9 賃 金
 10 労働契約の展開と人事制度
 11 労働契約の終了
4 私生活と労働生活のデザイン
 12 労働時間
 13 弾力的労働時間制度
 14 ワーキングライフとプライベートライフ
 15 安全・健康に働く権利
 16 労働者の人格権とプライバシー
5 集団的労使関係システム
 17 集団的労使関係と労働組合
 18 不当労働行為と労使関係ルール
 19 団体交渉と労働協約
 20 団体行動と集団的労使紛争処理
6 変容する労働市場と法
 21 労働市場政策と法
 22 就業形態の多様化
 23 就業者の多様化と雇用問題
 終章 大学から社会へ─労働能力のブラッシュアップ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016