HOME > 詳細 > 犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座 補訂版
同一ジャンルへ: 社会学
犯罪・非行の社会学

犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座 補訂版

決定版入門書がアップデート

岡邊 健 (京都大学准教授)/編


2020年09月発売
A5判並製カバー付 , 320ページ
定価 2,860円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-18453-4
Understanding Crime and Delinquency: Sociological Perspectives 2nd Edition

社会学 > 社会学その他

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


初版から好評の入門テキストが最新データとともに更新。犯罪や非行が社会のなかにあることの意味やそのメカニズムを,気鋭の社会学者たちが解説。基礎的な考え方から研究法,データの読みとき方をていねいにフォローし,一冊で研究の世界へといざなう。
目次
第1部 犯罪・非行の社会学へのいざない
 第1章 犯罪に機能がある?──犯罪・非行の社会学の考え方と理論展開
 第2章 犯罪・非行への接近──犯罪社会学の方法
 第3章 犯罪・非行の公式統計──犯罪統計の読み解き方
 第4章 罪を犯した人の処遇──刑事司法のしくみと今日的課題
 第5章 犯罪報道の功罪──マス・メディアが伝える少年非行
第2部 犯罪・非行の社会学理論と現代社会
 第6章 犯罪・非行とコミュニティ──社会解体論と環境犯罪学
 第7章 緊張が犯罪を生む?──緊張理論
 第8章 犯罪行動が学習される?──学習理論
 第9章 犯罪・非行をしないのはなぜか?──コントロール理論
 第10章 レッテル貼りが逸脱を生む逆説──ラベリング論
 第11章 犯罪学における未完のプロジェクト──批判的犯罪学
 第12章 犯罪被害者をめぐる諸問題──被害者学
 第13章 「安全・安心」化とその増幅循環──不安と排除の現代社会論
 第14章 犯罪・非行からの「立ち直り」?──社会構想への接続
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016