HOME > 詳細 > 犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座
同一ジャンルへ: 社会学
犯罪・非行の社会学

犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座

犯罪・非行はここから考える

岡邊 健 (山口大学准教授)/編


2014年03月発売
A5判並製カバー付 , 322ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-18418-3
Understanding Crime and Delimquency: Sociological Perspectives

社会学
入門書・概説書

○在庫あり

第1部では犯罪・非行の社会学における学説や理論,データの見方など基本的な考え方からていねいに解説。第2部では犯罪不安の高まり,被害者の回復,犯罪からの「立ち直り」など,現代社会の具体的な課題に対峙する力を養っていく。新しい決定版テキスト。
目次
第Ⅰ部 犯罪・非行の社会学へのいざない
 第1章 犯罪に機能がある?――犯罪・非行の社会学の考え方と理論の展開
 第2章 犯罪・非行への接近――犯罪社会学の方法
 第3章 犯罪・非行の公式統計――犯罪統計の読み解き方
 第4章 罪を犯した人の処遇――刑事司法のしくみと今日的課題
 第5章 犯罪報道の功罪――マス・メディアが伝える少年非行
第Ⅱ部 犯罪・非行の社会学理論と現代社会
 第6章 犯罪・非行とコミュニティ――社会解体論と環境犯罪学
 第7章 緊張が犯罪を生む?――緊張理論
 第8章 犯罪行動が学習される?――学習理論
 第9章 犯罪・非行をしないのはなぜか?――コントロール理論
 第10章 レッテル貼りが逸脱を生む逆説――ラベリング論
 第11章 犯罪学における未完のプロジェクト――批判的犯罪学
 第12章 犯罪被害者をめぐる諸問題――被害者学
 第13章 「安全・安心」化とその増幅循環――不安と排除の現代社会論
 第14章 犯罪・非行からの「立ち直り」?――社会構想への接続
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016