HOME > 詳細 > 社会調査ゼミナール
社会調査ゼミナール

社会調査ゼミナール

社会情報の〈マイスター〉をめざして

新 睦人 (奈良女子大学名誉教授),盛山 和夫 (東京大学教授)/編


2008年10月発売
A5判並製カバー付 , 344ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-17348-4


社会学 > 社会調査
社会学 > 社会学研究法
学習・研究法
入門書・概説書

○在庫あり

社会調査の組み立てから実施,分析までの一連の具体的な手続き・方法と意義を,数々の研究事例に即して解説する。統計的調査と事例的調査の知識と技法を身につけ,より深く社会調査を学びたい人の基本テキストとして,また演習・実習用のテキストとして最適。
目次
第1部 統計的調査のゼミナール
 第1章 よりよい調査のための外部探検と内部探検=神原文子
 第2章 調査研究のための仮説づくり=神原文子
 第3章 尺度づくりの精神と技法=海野道郎
 第4章 調査票の設計とその技法=海野道郎
 第5章 統計的調査のためのサンプリング=杉野 勇
 第6章 統計的データの分析戦略と基礎統計=盛山和夫
 第7章 統計的検定と多変量解析=盛山和夫
第2部 事例調査のゼミナール
 第8章 事例調査とはどのようなものか=森岡清志
 第9章 事例調査の魅力を高める=森岡清志
 第10章 先住民社会の古典的研究とにっぽん部落=新 睦人
 第11章 都市貧困層家族の生活史と日本の親分─乾分関係=新 睦人
 第12章 地域社会分析における事例研究の方法と成果=金子 勇
 第13章 ライフスタイルと産業社会学の古典的事例研究=金子 勇
 第14章 事例調査の基本をめぐって=好井裕明
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016