HOME > 詳細 > 民事法学入門 -- 法学の基礎から民事実務までの道しるべ
民事法学入門

民事法学入門 -- 法学の基礎から民事実務までの道しるべ

実社会での法的知見の活用を目指して

伊藤 滋夫 (創価大学名誉教授)/著


2012年12月発売
A5判並製カバー付 , 300ページ
定価 2,484円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-13630-4
Introduction to Study on Laws Focusing on Civil Law

民法一般
民事訴訟法
法学・法律問題一般
やさしい入門書

○在庫あり

「物事の本質を見抜く力」,「正当な価値判断をする力」,「正しい法解釈を実践する力」が身につく入門書。民事法全般にわたり,基礎法学も踏まえた法解釈学の基本から要件事実・事実認定を含む民事実務の実践に至るまでを,一本の道筋を通して分かり易く解説。
目次
序 章 本書の狙い
第1章 法学学習の基本的心構え─物事の本質を見抜く力を身に付けるように努める
第2章 民事法とはどのようなものか
第3章 法解釈学とはどのような学問か─民事法の解釈を中心として
第4章 民事法解釈学の実践はどうあるべきか
第5章 実定法学と基礎法学との関係をどう考えるべきか
第6章 民事実務とはどのようなものか
終 章 実社会における法的紛争の予防・解決のために─諸君の学習の成果を役立てよう
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016