HOME > 詳細 > 反論権と表現の自由
同一ジャンルへ: 憲法
反論権と表現の自由

反論権と表現の自由

日本の表現の自由論に新たな光をあてる

曽我部 真裕 (京都大学准教授)/著


2013年03月発売
A5判上製カバー付 , 256ページ
定価 4,968円(本体 4,600円)
ISBN 978-4-641-13138-5


憲法
憲法 > 基本的人権
憲法 > 基本的人権 > 精神的自由
憲法 > 基本的人権 > 新しい人権

○在庫あり

ヨーロッパ諸国に広く見られる反論権法を,その祖国であるフランス法を中心に歴史的・理論的に分析することでヨーロッパ型の表現の自由を支える論理を明らかにし,さらに,それを「鏡」として日本法を考察することにより,日本の表現の自由論に新たな光をあてる。
目次
第1章 プレス反論権法の歴史的展開
 フランスにおけるプレスの自由の概観
 法文の変遷/判例理論の確立
 20世紀初頭の議論とその沈静化
第2章 プレス反論権法の現代的展開
 新しい反論権
 ルペンショックと判例の変化
第3章 視聴覚メディアの自由と反論権法の展開
 フランスにおける放送反論権法の展開
 反論権の「モデル」の問題とインターネット反論権法の成立
 インターネット反論権法の内容
第4章 反論権を支える論理とそのプレスの自由との相克
 反論者の権利・利益の保護により反論権法を正当化する議論
 公衆の利益によって反論権法を正当化する議論/反論権法とプレスの自由
第5章 「自己像の同一性に対する権利」について
 自己像の同一性に対する権利の法領域別概観
 自己像の同一性に対する権利と他の人格権との関係
 日本における自己像の同一性に対する権利
終 章 フランス反論権法の展望
 表現の自由の「憲法化」の行末
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016