HOME > 詳細 > 法から学ぶ文化政策
法から学ぶ文化政策

法から学ぶ文化政策

はじめてでもまるごとわかる,重要政策と関係法令

小林 真理 (東京大学教授),小島 立 (九州大学教授),土屋 正臣 (城西大学准教授),中村 美帆 (静岡文化芸術大学准教授)/著


2021年12月発売
四六判並製カバー付 , 316ページ
定価 2,640円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-12630-5


法学・法律問題一般
行政法 > 教育・文化 > 文化・文化財保護
政治 > 公共政策(政治の)
経済理論 > 文化経済学
やさしい入門書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


政策のよりよい運営には法の理解が欠かせない。これからの担い手が知るべき文化政策関連法の全体をわかりやすく案内する,画期的なテキスト。具体的な現場の動きから抽象的な理念や枠組みまで,図解とともに丁寧に見通す。文化政策にかかわるすべての人に役立つ1冊。
目次
 第0講 はじめに――この本の趣旨と,読み進めていくための基礎概念
第1部 文化政策の基礎となる法
 第1講 憲法・国際法――基本理念としての文化権
 第2講 文化芸術基本法
 第3講 著作権法(1)――著作権法の「これまで」
 第4講 著作権法(2)――著作権法の「これから」
 第5講 文化財保護法(1)――教育法制上の位置づけ
 第6講 文化財保護法(2)――空間を文化財指定する
第2部 文化政策の場・組織を支える法
 第7講 文化芸術を支える組織の法規制
 第8講 行政改革に関連する法律
 第9講 社会教育法・図書館法――教育法体系と文化政策
 第10講 博物館法――直近の法改正と根本的な論点
 第11講 美術品公開促進法・海外美術品公開促進法・美術品損害補償法・文化観光推進法
 第12講 劇場,音楽堂等の活性化に関する法律(劇場法)
第3部 社会の多様性と向き合う法
 第13講 障害者文化芸術活動推進法――アクセスをより確かなものにするために
 第14講 アイヌ施策推進法
 第15講 日本語教育推進法――日本語教育が創る多文化共生社会
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016