HOME > 詳細 > 環境の社会学
同一ジャンルへ: 社会学,環境
環境の社会学

環境の社会学

有斐閣アルマ > Specialized

関 礼子 (立教大学教授),中澤 秀雄 (中央大学教授),丸山 康司 (東京大学特任准教授),田中 求 (東京大学助教)/著


2009年11月発売
四六判並製カバー付 , 284ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-12385-4


社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学
入門書・概説書

○在庫あり

現代社会の焦点の1つである環境問題を,観念的・感情的にとらえるのではなく,実際の身体や暮らしをとおして考えるために,必要な視点とは何か。激しく移り変わる環境と社会とのかかわりを,現実の問題から考えるための新しいスタンダード・テキスト。
目次
 序 章 『環境社会学』への招待
第1部 日常と環境──「暮らす」
 第1章 生業の近代化とグローバル化
 第2章 環境という風景とアイデンティティ
 第3章 環境リスクと環境メディア
 第4章 自然を基盤とする暮らしの「当たり前」
第2部 環境と社会──「もつれる」
 第5章 自然保護をめぐる葛藤
 第6章 開発と廃棄
 第7章 環境問題をめぐるローカルとグローバル
第3部 環境としくみ──「編みなおす」
 第8章 自然と社会をデザインする
 第9章 持続可能なエネルギーを生かす
 第10章 市民参加の意味を考える
 第11章 環境問題の原点はいま
 終 章 環境と社会を読み解く視点
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016