HOME > 詳細 > 注釈日本国憲法(3) -- 国民の権利及び義務(2)・国会 §§25~64
同一ジャンルへ: 憲法
注釈日本国憲法(3)

注釈日本国憲法(3) -- 国民の権利及び義務(2)・国会 §§25~64

有斐閣コンメンタール > 有斐閣コンメンタール

長谷部 恭男 (早稲田大学教授)/編
川岸 令和 (早稲田大学教授),駒村 圭吾 (慶應義塾大学教授),阪口 正二郎 (一橋大学教授),宍戸 常寿 (東京大学教授),土井 真一 (京都大学教授)/著


2020年03月発売
A5判上製箱入 , 906ページ
定価 12,100円(本体 11,000円)
ISBN 978-4-641-01798-6
Japanese Constitutional Law Annotated, Vol.3

憲法
憲法 > 基本的人権
憲法 > 統治機構 > 国会・立法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


憲法をめぐる最新の議論を踏まえた注釈書。条文の成り立ちから最新の学説・判例の動向に至るまでを,各条に即して詳述する。本巻は,全4巻中の第2回配本として,第25条から第64条まで(「第3章 国民の権利及び義務」の後半と「第4章 国会」)を収録。
目次
第3章 国民の権利及び義務(承前)
 §25【生存権,国の社会的責務】/§26【教育を受ける権利,教育を受けさせる義務】/§27【勤労の権利及び義務,勤労条件の基準,児童酷使の禁止】/§28【勤労者の団結権】/§29【財産権】/§30【納税の義務】/§31【法定手続の保障】/§32【裁判を受ける権利】/§33【逮捕の要件】/§34【抑留・拘禁の要件,不法拘禁に対する保障】/§35【住居の不可侵】/§36【拷問及び残虐刑の禁止】/§37【刑事被告人の権利】/§38【自己に不利益な供述,自白の証拠能力】/§39【遡及処罰の禁止・一事不再理】/§40【刑事補償】
第4章 国会
 前注(§§41~64)/§41【国会の地位・立法権】/§42【両院制】/§43【両議院の組織・代表】/§44【国会議員・選挙人の資格】/§45【衆議院議員の任期】/§46【参議院議員の任期】/§47【選挙に関する事項】/§48【両議院議員の兼職禁止】/§49【議員の歳費】/§50【議員の不逮捕特権】/§51【議員の発言・表決の免責】/§52【常会】/§53【臨時会】/§54【衆議院の解散・特別会,参議院の緊急集会】/§55【国会議員の資格争訟の裁判】/§56【定足数,表決】/§57【会議の公開,会議録,表決の記載】/§58【役員の選任,議院規則・懲罰】/§59【法律案の議決,衆議院の優越】/§60【衆議院の予算先議,予算議決に関する衆議院の優越】/§61【条約の承認に関する衆議院の優越】/§62【議院の国政調査権】/§63【閣僚の議院出席の権利と義務】/§64【弾劾裁判所】

【注釈日本国憲法[全4巻]の構成】
第1巻 前文/第1章 天皇/第2章 戦争の放棄/第9章 改正/第10章 最高法規/第11章 補足
第2巻 第3章 国民の権利及び義務(1)……………………548頁 本体6,300円
第3巻 第3章 国民の権利及び義務(2)/第4章 国会
第4巻 第5章 内閣/第6章 司法/第7章 財政/第8章 地方自治
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016