HOME > 詳細 > 21世紀家族へ -- 家族の戦後体制の見かた・超えかた 第3版
同一ジャンルへ: 社会学
21世紀家族へ

21世紀家族へ -- 家族の戦後体制の見かた・超えかた 第3版

落合 恵美子 (京都大学教授)/著


2004年04月発売
四六判並製カバー付 , 304ページ
定価 1,836円(本体 1,700円)
ISBN 4-641-28091-6


社会学 > 家族社会学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー
入門書・概説書

○在庫あり

「家族の戦後体制」という新しいキーワードを提示し,その内容の検証,変容のさまを明らかにした,家族社会学の基本書。語りかける叙述により,近代家族論をわかりやすく解説する。統計データの更新を中心に改訂。
目次
プロローグ 20世紀家族からの出発
1 女は昔から主婦だったか
2 家事と主婦の誕生
3 二人っ子革命
4 核家族化の真相
5 家族の戦後体制
6 ウーマンリブと家族解体
7 ニューファミリーの思秋期
8 親はだめになったか
9 双系化と家のゆくえ
10 個人を単位とする社会へ
エピローグ 21世紀家族へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016