HOME > 詳細 > 二十一世紀の法と政治/大阪大学法学部創立50周年記念論文集
二十一世紀の法と政治/大阪大学法学部創立50周年記念論文集

二十一世紀の法と政治/大阪大学法学部創立50周年記念論文集

多胡 圭一 (大阪大学大学院法学研究科長)/編


2002年12月発売
A5判上製箱入 , 520ページ
定価 10,800円(本体 10,000円)
ISBN 4-641-02757-9


法学・法律問題一般
政治

在庫なし

目次
「行政権」と内閣総理大臣の権限および地位
  ――政治プロセスのあり方を考え直す=松井茂記
 「憲法上の裁判官」の裁判を受ける権利
  ――憲法と裁判組織の関係についての一考察=片山智彦
 わが国の特殊法人の改革について思うこと=村上武則
 ドイツにおける警察任務の「民営化」,民間委託,民間との協同
  ――国家の権力独占をめぐる法状況その二=高橋明男
 会社法と日本的特殊性
  ――グローバル・スタンダードとジャパニーズ・スタンダード=末永敏和
 有限会社における持分譲渡制限に関する立法論的考察=吉本健一
 英国における損害保険募集自主規制の実効性確保について=木下孝治
 著作権侵害の行為主体=茶園成樹
 「労働者の募集」と規制緩和
  ――職業安定法改正規定の批判的検討=小嶌典明
 債権流動化と国際私法
  ――立法試案=野村美明
 判例に見る共同訴訟の国際裁判管轄=渡邊惺之
 政治学教育の意義と方法=河田潤一
 戦略投票の三つの動機と投票者間の調整ゲーム=曽我謙悟
 行政改革の立法過程分析への一試論=待鳥聡史
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016