HOME > 電子書籍 電子限定書籍

電子書籍を提供している書籍を分野別にご紹介しております

※表示に不具合が起きた際は,ブラウザの更新ボタンを押して再度ご確認ください。

Jurist DIGITAL BOOK

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

相続と法実務[連載誌面合本版]

相続と法実務[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 2018年に成立した相続法改正(平成30年法律第72号)。2020年4月1日から配偶者居住権及び配偶者短期居住権の新設が,同年7月1日から自筆証書遺言の保管制度が施行される。本連載では,広範囲に及ぶこの改正の中から,実務と関わる重要なテーマをピックアップして,経験豊かな実務家をはじめとした執筆陣が解説を加えるとともに,その課題を探る。さらに最終回では,今回の改正がこれからの相続法に与えるインパクトについて,第一線で活躍する研究者と実務家が活発な議論を展開する。ジュリスト誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:ジュリスト2019年4月号〜2020年3月号〔全12回〕)


■目次 連載にあたって●窪田充見・増田勝久/預貯金債権の共同相続——相続法改正を中心とした検討●安部将規/相続と登記——相続による不動産物権の承継の対抗要件●水津太郎/可分債務の共同相続——遺産共有概念からの検討●森山浩江/遺産分割前の遺産の処分,遺産の一部分割●松本智子/相続させる旨の遺言と相続法の改正●水野 謙/遺言執行者の権限の明確化——改正法の意義と課題●倉持政勝/遺留分制度と実務●藤原道子/「特別の寄与」制度——実務上の諸課題●内藤千香子/配偶者居住権等の価値評価と課題●奥田かつ枝/自筆証書遺言に関する見直し●堂薗幹一郎・竹下 慶/相続法改正と手続法上の問題点●笠井正俊/これからの相続法——相続法改正の意義と将来の課題●窪田充見・増田勝久・潮見佳男・石綿はる美

現代訴訟の論点と法理論の検討[連載誌面合本版]

現代訴訟の論点と法理論の検討[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 従来の理論枠組みでは適切に解決できないような,現代の訴訟が抱える6つの民事法的論点をピックアップ。それぞれのテーマについて,研究者のゲストを交えながら,研究者と現役の裁判官が活発な議論を展開する。取り扱うテーマは,プロバイダの責任,M&A契約上の問題といったホットトピックから,訴訟における弁護士費用の問題,裁判官のインターネット情報の利用まで多岐にわたる。論究ジュリスト誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:論究ジュリスト2017年春号~2018年秋号)


■座談会参加者(レギュラーメンバー) 研究者:道垣内弘人・山本和彦・小粥太郎/裁判官:岸 日出夫・山田真紀・朝倉佳秀・武部知子


■目次(ゲスト) 連載にあたって/1 インターネット上の表現に関する名誉毀損訴訟・発信者情報開示訴訟(中原太郎)/2 表明保証条項違反を理由とする損害賠償請求訴訟(星 明男)/3 信認関係に基づく説明義務(山下純司)/4 現代における裁判所の情報収集や裁判のための証拠等収集の在り方をめぐる問題(菱田雄郷)/5 訴訟による権利回復のための経費と損害として認められる範囲(荻野奈緒)/6 慰謝料をめぐる問題(村田健介)

働き手・働き方の多様化と労働法[連載誌面合本版]

働き手・働き方の多様化と労働法[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 働き方改革に関連する立法をはじめとして,関心が高まる労働・雇用問題。長時間労働をはじめとする目の前の課題への対応とともに,AI等の発展による労働環境の変化も世間の耳目を集める。この連載では,働き方改革で検討された主要な論点や今後の雇用・働き方の変化の可能性を踏まえ,働き手や働き方の多様化について現状を分析し,今後の方向性を展望する。ジュリスト誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:ジュリスト2018年4月号~2019年3月号〔全12回〕)


■目次 連載にあたって●岩村正彦/働き方改革と労働時間法制の課題●島田陽一/兼業・副業と労働法●桑村裕美子/配属・異動――地域限定社員をめぐる法的課題●岩永昌晃/女性雇用をめぐるハラスメントの契機と責任主体の広がり●新屋敷恵美子/サテライト・モバイルワーク――雇用型テレワークと労働法上の課題●山川和義/働き方の多様化と障害者雇用の課題●長谷川 聡/人生100年時代の高年齢者雇用●柳澤 武/働き方改革における育児・介護支援の意義と課題●倉田賀世/「治療と仕事の両立」に向けた法政策と今後の課題●石崎由希子/外国人雇用――職場における言語・宗教の多様化と労働法の課題●河野奈月/同一労働同一賃金原則と賃金規制●神吉知郁子/雇われない働き方●大内伸哉

知的財産法とビジネスの種〔第1期〕〔第2期〕[連載誌面合本版]

知的財産法とビジネスの種〔第1期〕〔第2期〕[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 ビジネストレンドの重点がハードからソフトへと移行するに伴い,重要性を増す知的財産。この連載では,ビジネスと関わりの深い最新の知財法分野のトピックを,見開き2頁というコンパクトかつ読みやすい形で提供する。中堅・若手の研究者による第1期,大御所から新進気鋭の実務家による第2期をまとめて収録した電子書籍ならではのお得な1冊。
(連載期間:第1期 2017年10月号〜2018年10月号〔全12回〕/第2期 2018年11月号〜2019年10月号〔全12回〕)


■目次 連載にあたって●小泉直樹
〔第1期〕
人工知能成果物と知的財産権●奥邨弘司/3Dプリンタと知的財産法●青木大也/SNSと著作権●今西頼太/デジタル消尽●谷川和幸/報酬請求権としての著作権●前田 健/先発・後発医薬品をめぐる特許問題●愛知靖之/ある街の小さなビストロで●堀江亜以子/農産物における特許権の消尽●長谷川 遼/伝統的知識の保護●田上麻衣子/均等論の現在●西井志織/著作権法における権利制限規定の未来●渕 麻依子/東京仲裁と知的財産●畑中麻子
〔第2期〕
ハリウッドとの闘い方●福井健策/放送事業者と著作物の「引用」●梅田康宏/オープンイノベーション時代の知財・法務の考え方●鮫島正洋/ソフトウェアは著作権による保護から卒業するか●伊藤雅浩/「デレブ」のパブリシティ権●小林利明/ファッションデザインの法的保護●高瀬亜富/ダウンロード違法化拡大法案から考えるネットビジネスの土壌●水野 祐/商業建築デザインの保護と利用のバランス●中川隆太郎/ビッグデータと知的財産権●和田祐造/これだけはやっておきたい,スタートアップに必須の知財対応5つ●平林健吾/メロディと引用●橋本阿友子/標準と特許●小栗久典

法学教室 DIGITAL LIBRARY

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

テキスト学習の進め方[特集誌面合本版]

テキスト学習の進め方[特集誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 ◎Twitterで話題沸騰! ◎テキストの使い方を学べば,法律がもっと分かるようになる! 「法律を学ぶためのテキストが欲しいんだけど,いったいどれを選べばいいの?」「テキストをうまく使って授業の理解を深めたい!」「司法試験合格のために,テキストをどう活用すればいいの?」そんな悩みを解決するために,テキストの選び方・使い方を分かりやすく説明した,月刊『法学教室』2019年12月号の特集を,誌面そのまま合本しました! テキストを書いている(教える側の)教員と,この間まで学生だった(学ぶ側の)若手弁護士が双方の視点から,テキスト学習の秘訣について丁寧に解説。チャートを活用してあなたにあったテキストを探すコーナーや,法律テキストの大定番『判例百選』・『ポケット六法』の解剖図(トリセツ)も掲載。これを読めば,学習がもっとおもしろくなること間違いなし!(掲載号:法学教室2019年12月号)


■目次 1 教科書の使い方●井田 良(中央大学教授)/2 判例学習用教材の使い方●上田健介(近畿大学教授)/3 六法の使い方…●松下淳一(東京大学教授)/4 私の学び方●辻野真央(弁護士)・松村 彩(弁護士)・土田悠太(弁護士)/5 チャートでテキストが選べる あなたの悩みはどこから?(民法編)/6 『判例百選』の解剖図/7 『ポケット六法』の解剖図

法務の世界と世界の法務[連載誌面合本版]

法務の世界と世界の法務[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 法務ってどんな仕事でしょうか。四六時中,契約書面と格闘しているだけの仕事ではありません。本連載では,法務の世界の奥深さと面白さをグローバルで活躍する法務部員の姿からお伝えします。前半は「グローバルな法務人材」に必要な素養について基礎から解説します。後半は「現場篇」として,世界各地で活躍する法務部員からの具体的なエピソードを紹介してもらいます。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊です。(連載期間:法学教室2017年10月号~2018年9月号〔全12回〕)


■目次 第1回 法務の世界へようこそ/第2回 法務部の仕事/第3回 グローバルな法務人材になるために1(総論)/第4回 グローバルな法務人材になるために2(各論その1)/第5回 グローバルな法務人材になるために3(各論その2)/第6回 国際ビジネス法務の難しさと醍醐味/第7回 中国ビジネスにおける法務の役割と魅力[中国]/第8回 法務から見る広域への玄関口[シンガポール・東南アジア諸国]/第9回 中東イスラム法(シャリーア)におけるビジネス法務実務[サウジアラビア・UAE]/第10回 最後のフロンティア:アフリカでの法務実務の醍醐味[モザンビーク]/第11回 競争法事件対応から見る米国・欧州の法務実務[米国,欧州(EU)]/第12回 国際ビジネス法務における紛争対応

基礎法学のススメ[連載誌面合本版]

基礎法学のススメ[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 大学の法学部の講座として必ずといって置かれる「基礎法学」分野,民法や刑法などの実定法を理解するのに重要だとよく指摘されますが,その内容や意義をイメージしづらいものです。そこで,本連載では,基礎法学の代表的な7分野を各回読み切りで,「実定法や実社会とのつながり」に焦点を当てて,ガイダンス的に紹介します。基礎法学を知ることこそ,法学のおもしろさを知る第一歩です。月刊「法学教室」誌で好評を得た連載を,誌面そのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:法学教室2018年9月号~2019年3月号〔全7回〕)


■目次 基礎法学のススメ――実定法学から●宍戸常寿/法哲学のススメ――懐疑の効用●吉永 圭/法社会学のススメ――ある・あるべき法の姿をヒアリングで考える●飯 考行/法と経済学のススメ――法の「意図せざる効果」の理論と実証●森 大輔/日本法制史のススメ――歴史を通じて法と現在を考える●林 真貴子/西洋法制史のススメ――ドイツやフランスの法制史は日本の法制史です!●屋敷二郎/英米法のススメ――判決文と反対意見の魅力●小山田朋子/大陸法のススメ――他国の法の実相を知り,自国の法を問い直す●服部高宏・横山美夏

市民のための行政法,公務員にとっての行政法[連載誌面合本版]

市民のための行政法,公務員にとっての行政法[連載誌面合本版]

固定形式

飯島淳子/著

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 「行政法とは何か」。学習する学生だけでなく行政を担う公務員の方にとっても難しい疑問だと思います。本連載では,公務員K子とその姉である行政法研究者Eが,キャリアを重ねるなかで語り合ってきたことを回想するという設定の下,実務にとって行政法理論がどのように“役に立つのか”,特に,公務員の側からみた(読み,考え,動くための)行為規範として,行政法理論が実務に対してどのようなメッセージを伝えられるのか,を考えていきます。法学的な解説はもちろん,ストーリー部分もおもしろい。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:法学教室2017年4月号~2017年9月号〔全6回〕)


■目次 Scene 1 新人,行政の重さに悩む/Scene 2 主事,現場で奮闘する/Scene 3 育休中,幼なじみからのSOS/Scene 4 主任,行政法の難しさと面白さを知る/Scene 5 係長,条例制定に初挑戦/Scene 6 住民訴訟,S市の試練

行政法クロニクル[連載誌面合本版]

行政法クロニクル[連載誌面合本版]

固定形式

原田大樹/著

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 行政法分野は,社会の変化に応じて理論や実務が,少しずつ,確実に進展をしてきました。本連載は田中二郎博士の理論を出発点に,理論と実務の進展をつぶさに追いかけます。田中説は,いまでも実務では一定の影響を残しますが,社会の変化に対応して理論はどのように進展・克服してきたのでしょうか,そして,これからどのように進んでいくのでしょうか。本連載はまさに,行政法学の「大河ドラマ」。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。田中説で学んだ人がUpdateするのはもちろん,最新の行政法理論の姿を知りたい人も必読です。(連載期間:法学教室2017年4月号~2019年3月号〔全24回〕)


■目次 第1回 行政の概念/第2回 行政法と民事法/第3回 法律と条例/第4回 行政行為論と行為形式論/第5回 行政裁量/第6回 行政行為の分類/第7回 契約と行政行為/第8回 行政行為の効力/第9回 行政行為の無効と取消/第10回 行政行為の取消と撤回/第11回 行政立法と行政基準/第12回 行政上の義務履行確保/第13回 国家賠償/第14回 損失補償/第15回 行政審判/第16回 当事者訴訟/第17回 取消訴訟の審理と判決効/第18回 取消訴訟の訴訟要件/第19回 仮の救済/第20回 行政委員会/第21回 道州制と圏域構想/第22回 独立行政法人論と行政主体論/第23回 公物と私法秩序/第24回 行政法各論と参照領域論

債権法改正の文脈[連載誌面合本版]

債権法改正の文脈[連載誌面合本版]

固定形式

森田 修/著

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 2020年からの施行となる債権法改正。新しい条文の解釈について,その真の意味をつかむには,立法に至る議論の経緯をつぶさに追うことが必要となります。本連載では,(1)新規定が,現行民法下での判例学説の展開の中にどう位置づけられるか,(2)新規定の審議過程のなかでどのような提案がなされ,修正や取捨選択についてどう議論されたか,を最終法文と審議過程資料から丁寧に説き起こします。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:法学教室2016年4月号~2019年3月号〔全35回〕)


■目次 第一講 はじめに/第二講 錯誤:要件論の基本構造を中心に/第三講 契約の解釈:一般準則を中心に/第四講 約款規制:制度の基本構造を中心に/第五講 意思表示制度:契約締結過程規制の拡張と第三者保護規定の整備/第六講 代理制度:法律行為論への再定位/第七講 履行請求権:契約責任の体系との関係で/第八講 債務不履行賠償の要件論:帰責事由論を中心に/第九講 売主の担保責任:一般債務不履行との関係を中心に/第十講 損害賠償の範囲:「予見すべき損害」論の展開を中心に/第十一講 解除と危険負担:要件論を中心に/第十二講 詐害行為取消権:基本構造の連続と不連続/第十三講 相殺:担保的機能を中心に

会社法判例――より深く学ぶ,考える[連載誌面合本版]

会社法判例――より深く学ぶ,考える[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 教科書・体系書,あるいは判例百選等の判例教材は,紙幅の制約などから説明はごく簡単なものとなりがちです。それによって,学習者の理解が困難となる場合も少なくありません。判例に現れた法的問題を考える上では,関連する法令の知識だけでなく,背景となる会社実務についての知識・理解が必要とされる場合もあります。本連載は,このような問題意識から,会社法における重要判例を素材に,1つの判例につき研究者と弁護士の2名に執筆をお願いし,既存の教材では十分に掘り下げられていない論点について,理論と実務の双方からより突き詰めた検討を行い,考えるため視座を提供します。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊です。(連載期間:法学教室2017年10月号〜2019年9月号〔全24回〕)


■目次 〔座談会〕会社法判例の理解を深める●田中 亘・白井正和・久保田修平・内田修平/企業買収における公正な価格●白井正和/内田修平/株式買取請求権,対抗オファー●飯田秀総/伊達隆彦/支配権争いと不公正発行●久保田安彦/戸倉圭太/親会社取締役の子会社管理義務●舩津浩司/濱口耕輔/取締役の善管注意義務と経営判断原則●松尾健一・渡辺邦広/株主代表訴訟の対象●尾崎悠一・楽楽/株式買取請求手続●星 明男/吉村一男/企業買収の基本合意中の条項●久保田修平/湯原心一/株主名簿閲覧謄写請求の拒絶事由●松元暢子・石井裕介/信託を利用した株主権の分離●加藤貴仁・辰巳 郁/会社分割●得津 晶/粟谷 翔/取締役等の対第三者責任●野田昌毅/高橋陽一/債務超過会社の倒産局面における株主の地位と取締役の責任●黒田 裕・増田友樹/設立中の会社に関する問題●塚本英巨・松井秀征

民事保全・執行を勉強しよう――実務との架橋を目指して[連載誌面合本版]

民事保全・執行を勉強しよう――実務との架橋を目指して[連載誌面合本版]

固定形式

阿多博文,古賀政治,鷹取信哉/著

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 民訴法はしっかり勉強したのに,保全法・執行法まで手が回らない…。そんな悩みを持っている人はいませんか。試験科目ではない保全法や執行法はどうしても手薄になります。しかし,実務では,保全・執行は民事手続を完結するために欠かせません。本連載は,実務を知り尽くした弁護士が設例を素材に,保全・執行の基本を解説します。教科書を1冊読む余裕がないという人も,まずはこの連載からはじめましょう。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:法学教室2017年10月号~2018年3月号〔全6回〕)


■目次 第1回 民事保全総論・仮差押え――貸金返還請求事件を題材に/第2回 民事執行総論・債権執行――貸金返還請求事件を題材に/第3回 民事保全執行・建物明渡強制執行/第4回 民事保全執行・建物明渡強制執行(2)/第5回 所有権移転登記請求権の保全と執行/第6回 民事保全・執行における不服申立て――賃金仮払いの仮処分を題材に

刑事政策の新動向[連載誌面合本版]

刑事政策の新動向[連載誌面合本版]

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

■内容紹介 詐欺罪に関係する判例や学説の展開を本当に理解するためには,背後にある暴力団対策や特殊詐欺対策について知っておかなくてはなりません。このように,刑法を真に理解するためには,刑事政策の知識が必須となります。本連載は,刑法理論とのつながりも踏まえつつ,刑事政策の重要な12テーマについて,その現状と課題,今後の方向性を解説します。月刊「法学教室」誌で好評のうちに終了した連載を,誌面をそのままに1つにまとめて収録した電子書籍ならではの1冊。(連載期間:法学教室2018年4月号~2019年3月号〔全12回〕)


■目次 自由刑●川出敏裕/財産刑――罰金を中心に●永田憲史/死刑●本庄 武/執行猶予●金澤真理/保護観察●金 光旭/量刑●城下裕二/性犯罪 ●深町晋也/詐欺罪●杉本一敏/サイバー犯罪●鎮目征樹/交通犯罪●橋爪 隆/薬物犯罪●太田達也/少年非行●武内謙治

判例百選

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

憲法判例百選Ⅰ・Ⅱ 第7版

憲法判例百選Ⅰ・Ⅱ 第7版

長谷部恭男,石川健治,宍戸常寿/編

リフロー形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

憲法の主要判例の意義・位置づけを明らかにする憲法判例教材の決定版。冊子版ではI・IIと分冊になっているものを合本した電子書籍限定の商品。

政治

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

政治学 補訂版(上)

政治学 補訂版(上)

久米郁男,川出良枝,古城佳子,田中愛治,真渕 勝/著

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『政治学 補訂版』(New Liberal Arts Selection)冊子版を3冊に分冊した電子書籍限定の商品。上巻では序章と第 I部「統治の正統性」を収録。(冊子版と共通の目次,引用文献,事項索引,人名索引付き。)

政治学 補訂版(中)

政治学 補訂版(中)

久米郁男,川出良枝,古城佳子,田中愛治,真渕 勝/著

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『政治学 補訂版』(New Liberal Arts Selection)冊子版を3冊に分冊した電子書籍限定の商品。中巻は第 II部「統治の効率」・第 III部「統治のプロセス」を収録。(冊子版と共通の目次,引用文献,事項索引,人名索引付き。)

政治学 補訂版(下)

政治学 補訂版(下)

久米郁男,川出良枝,古城佳子,田中愛治,真渕 勝/著

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『政治学 補訂版』(New Liberal Arts Selection)冊子版を3冊に分冊した電子書籍限定の商品。下巻は第Ⅳ部「統治のモニタリング」を収録。(冊子版と共通の目次,引用文献,事項索引,人名索引付き。)

経済

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

金融システムの制度設計 分冊版

金融システムの制度設計 分冊版

福田慎一/編

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『金融システムの制度設計』の各章をそれぞれ1冊の電子書籍とした電子限定商品です。

日本の労働市場 分冊版

日本の労働市場 分冊版

川口大司/編

固定形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『日本の労働市場』の各章をそれぞれ1冊の電子書籍とした電子限定商品です。

経営

青枠の電子書店で購入可能です。価格は各電子書店にてご確認ください。

考えて議論しながらつかむ,ある日の午後のマーケティング授業の風景

考えて議論しながらつかむ,ある日の午後のマーケティング授業の風景

水越康介,黒岩健一郎/著

リフロー形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

このマーケティング問題,あなただったらどうする?

教室の熱気溢れるディスカッションとライブ感もそのままに,当事者視点で考えて議論する「ケースメソッド方式」のマーケティング入門講義を再現。「マーケティングについてちょっと深く考えてみたい」。そんなニーズに応える一冊です! 黒岩・水越『マーケティングをつかむ』を教科書とした授業から生まれた電子版限定作品。

マーケティングをつかむケース26選(1)~(26)

マーケティングをつかむケース26選(1)~(26)

黒岩健一郎,水越康介/著

リフロー形式

  • VarsityWave
  • Kinoppy
  • ReaderStore
  • ブックパス
  • honto
  • kobo
  • amazonkindle
  • BookLive
  • dブック
  • ebookjapan

『マーケティングをつかむ 新版』の各ユニット冒頭に掲げられているケースを切り出し,それぞれ1冊の電子書籍とした電子限定商品。セミナーで検討の素材にするためにケースだけを購入したいなどのご要望にお応えしました。

ページトップへ
ページの先頭へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016