HOME > 雑誌 > 法学教室 2018年4月号(No.451)
法学教室 バックナンバー
毎月1回(1日発売)
法学教室 2018年4月号(No.451)
最新号内容
次号予告
年度別内容一覧
定期購読のご案内
電子書籍版法学教室
バックナンバー
バックナンバー購入案内
バックナンバー常備店
ジュリストDVD
ジュリストDVD
広告案内
学習が進む,理解が深まる。法学がもっと面白くなる。

法学教室 2018年4月号(No.451)

2018年03月28日 発売
特別定価  1,630円(本体 1,509円)

電子書籍版はこちら(2012年4月号~)

ご購入はこちらから オンラインショップ

法学教室4月号の特集は,「再確認・法学の出発点――条文の大切さ」です。

法学を勉強していると「法律学習では条文が大切」という言葉をほぼ全ての人が見聞きしたことがあるのではないでしょうか? 学ぶ上での「条文」の大切さは,それぞれの法分野ごとに少しずつ異なっています。本特集では条文を出発点に法律学習を進めるための条文とのつきあい方を,行政法・民法・刑法・憲法の先生方に各法の特徴をとらえて具体例とともにお示しいただきました。新年度の学習は本特集を指針に,踏み出す方向を見定めていただければ。

別冊付録「法学学習Q&A」では,大学での学びに役立つアドバイスをQ&Aとブックガイドで多数紹介します。勉強をいっそう充実させたい方,必見です。

また,4月号からは新しく,憲法・民法総則・民事訴訟法・刑事政策の4つの講座連載が始まります。フレッシュな切り口・内容にご注目ください。

そのほか,「時の問題」では「首相の解散権」について執筆いただきました。

充実の記事・好評連載が盛りだくさんの法学教室4月号,どうぞご一読を。



◆特集 再確認・法学の出発点―――条文の大切さ

Ⅰ 法学の出発点としての条文――イントロダクション…興津征雄……10

Ⅱ 民法学の出発点としての条文――177条の「第三者」の解釈をめぐる判例と学説との協働…根本尚徳……18

Ⅲ 刑法学の出発点としての条文――変容する正当防衛制限論から…嶋矢貴之……26

Ⅳ 憲法学の出発点としての条文――憲法解釈・比較衡量・定義づけ衡量…片桐直人……34

補論 条文の読み方――接続詞の大小…興津征雄……42

【巻頭言】

ダーウィンが来た…松下淳一……1

【法学のアントレ】〔第13回〕

ぽっぽーゼミ,東京へ行く…稲葉実香……2

【法務の世界と世界の法務】 現場編 中国〔第7回〕

中国ビジネスにおける法務の役割と魅力…大和田 薫……4

【特別企画】憲法を学問する〔第5回〕

第1分科会 「統治と行政」③…石川健治……44

【時の問題】

首相の解散権…高田 篤……52

◆講座

探検する憲法――問いから始める道案内〔第1回・新連載〕

憲法とは何か…吉田俊弘/横大道 聡……60

学びなおし・民法総則〔第1回・新連載〕

民法94条2項の適用と類推適用――善意者保護の構造…潮見佳男……67

事例で考える民事訴訟法〔第1回・新連載〕

当事者の確定…名津井吉裕……75

刑事政策の新動向〔第1回・新連載〕

自由刑…川出敏裕……83

行政法クロニクル〔第13回〕

国家賠償…原田大樹……90

「債権法改正」の文脈――新旧両規定の架橋のために〔第25回〕

第十講 損害賠償の範囲:「予見すべき損害」論の展開を中心に(その2)…森田 修……100

会社法判例――より深く学ぶ,考える〔第7回〕

支配権争いと不公正発行――ベルシステム24事件決定およびニッポン放送事件決定を踏まえて…久保田安彦……112

【演習】

憲法…新井 誠……122

行政法…松戸 浩……124

民法…都筑満雄……126

商法…鈴木隆元……128

民事訴訟法…渡部美由紀……130

刑法…豊田兼彦……132

刑事訴訟法…清水 真……134

【判例セレクトMonthly】

行政法

取消訴訟等の原告が死亡した場合の相続人による訴訟承継の可否(最判平成29・12・18)…北島周作……137

民法

家庭裁判所が第一種財産分離を命ずることができる場合(最決平成29・11・28)…岩藤美智子……138

商法

会社分割における債権者保護と信義則(最決平成29・12・19)…飯田秀総……139

民訴法

忌避原因となるべき事実に係る仲裁人の開示義務(最決平成29・12・12)…今津綾子……140

第三債務者が差押債務者に弁済し,さらに差押債権者へ弁済した場合の偏頗行為否認の成否(最判平成29・12・19)…杉本和士……141

小規模個人再生における再生計画案可決に関する信義則違反の考慮要素(最決平成29・12・19)…杉本和士……142

刑法

特殊詐欺において「だまされたふり作戦」が実行された後に,共謀のうえ受け子として加担した者についての詐欺未遂罪の共同正犯の成否(最決平成29・12・11)…安田拓人……143

刑訴法

過失犯における過失態様の択一的認定が否定された事例(東京高判平成28・8・25)…宇藤 崇……144

イチオシ!!

小さく負けて,大ケガを防ぐ――色川武大『うらおもて人生録』…江口大和……151

Book Information

潮見佳男=道垣内弘人 編『民法判例百選Ⅰ 総則・物権〔第8版〕』/窪田充見=森田宏樹 編『民法判例百選Ⅱ 債権〔第8版〕』/水野紀子=大村敦志 編『民法判例百選Ⅲ 親族・相続〔第2版〕』……74

高谷知佳=小石川裕介 編著『日本法史から何がみえるか――法と秩序の歴史を学ぶ』……119

久保文明『アメリカ政治史』……147

【別冊付録】

法学学習Q&A…横田明美/小谷昌子/堀田周吾…………1

法学学習の「推し本」…横田明美/小谷昌子/堀田周吾…………29


法学教室を検索

当号の執筆者一覧
青木 哲
新井 誠
飯田 秀総
石川 健治
稲葉 実香
今津 綾子
岩藤 美智子
宇藤 崇
江口 大和
大和田 薫
興津 征雄
片桐 直人
川出 敏裕
北島 周作
久保田 安彦
小谷 昌子
佐伯 仁志
潮見 佳男
嶋矢 貴之
清水 真
杉本 和士
鈴木 隆元
高田 篤
都筑 満雄
鶴田 滋
豊田 兼彦
名津井 吉裕
根本 尚徳
八田 卓也
原田 大樹
堀田 周吾
松下 淳一
松戸 浩
森田 修
安田 拓人
横田 明美
横大道 聡
吉田 俊弘
渡部 美由紀
当号の分野一覧
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016