法学教室 2024年2月号(No.521) | 有斐閣
HOME > 雑誌 > 法学教室 最新号内容
法学教室 最新号内容
毎月1回(1日発行)
学習が進む,理解が深まる。法学がもっと面白くなる。

法学教室 2024年2月号(No.521)

2024年01月26日 発売
定価  1,650円(本体 1,500円)

電子書籍版はこちら(2012年4月号~)

ご購入はこちらから オンラインショップ

※各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。

節目の春を目前に、進路選択などで迷うこともあるかもしれません。とくに大学生のみなさまは、就職という人生最大の岐路がもう目の前にあることでしょう。世の中にはたくさんの職業がありますが、この超情報社会にあってなお実態がよくわからない職種の一つが「研究者」ではないでしょうか。そんな「研究者」になるという選択肢を、みなさまの人生に加えていただきたいと思い、特集1を企画しました。「誰でもなれるわけじゃない。でも、すべての仕事は、たいていそういうものだ」というのは、本企画中のとある先生の言ですが、まさにそのとおりだと思います。8名の先生方に、編集室の思惑を超えて(?)研究者の実態/実像をざっくばらんに語っていただきました。この特集をきっかけに研究者を志してくださる方がいて、その方が、いつか法学教室にご寄稿くださるようなことがあったら、これほど嬉しいことはありません。

特集2はエネルギー環境法入門。エネルギー問題は地球の存亡に関わるほどの大問題ですが、エネルギー制度そのものの大転換とともに、小石を積むような地道で息の長い取組も必要です。カーボンニュートラル宣言の期限は2050年。地球全体の未来のため、あと四半世紀のうちに、私たちは何をすべきで、何ができるでしょうか。本特集で正確な知識を備え、未来を見据えてください。

寒く厳しい季節ですが、そのような中にあっても花のつぼみは確実にふくらんでゆきます。春はもうすぐそこです。

末筆となりましたが、元日の能登半島沖地震で被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。みなさまのご安全と、一日も早い復興をお祈りいたします。



※目次のの記事にはウェブサポートがあります。


※読者モニターを募集しています。お申込みについては,こちらのフォームよりご応募ください。

◆特集1 研究者という選択肢

Ⅰ 〔座談会〕

研究者の素顔――進路・仕事・生活…興津征雄(司会)/神吉知郁子/大島梨沙/品田智史……6

Ⅱ 〔インタビュー〕

私の選択…大島義則……26

私の選択…荻野奈緒……29

私の選択…舩津浩司……32

私の選択…吉開多一……35

◆特集2 エネルギー環境法入門

1 気候変動法とエネルギー法の交錯…高村ゆかり……39

2 電力市場のグリーン化のための法制度…島村 健……43

3 再生可能エネルギーと地域の土地利用…内藤 悟……49

4 エネルギー転換を促進する電力システム改革…高橋 洋……53

【巻頭言】

野菜の直売所…松下淳一……1

【法学のアントレ】〔第83回〕

アニメは刑事訴訟法の未来を創造する…中川孝博……2

◆講座

憲法事例分析の技法〔第23回〕

地方議会代表者会と司法権…堀口悟郎……59

事例で学ぶ行政法ゼミナール〔第11回〕

行政上の実効性確保――浦安漁港ヨット係留用鉄杭撤去事件…岡田正則……68

点と点をつなぐ不法行為判例〔第5回〕

間接被害者…山本周平……74

流れをつかむ民事訴訟法〔第23回〕

手続保障と訴訟の実効性確保…笠井正俊……81

近時の判例で学ぶ刑法〔第11回〕

中立的行為と幇助犯――最決平成23・12・19刑集65巻9号1380頁…西貝吉晃……89

刑事訴訟法のフレームワークを考える〔第10回〕

起訴の基準…宇藤 崇……97

【演習】

憲法…尾形 健……104

行政法…田中良弘……106

民法…林 誠司……108

商法…柳 明昌……110

民事訴訟法…秦 公正……112

刑法…古川伸彦……114

刑事訴訟法…緑 大輔……116

【判例セレクトMonthly】

〔憲法〕性別不合による法的性別変更の生殖腺欠如要件違憲決定(最大決令和5・10・25)…西村枝美……119

〔行政法〕旧優生保護法に基づく強制優生手術に対する国家賠償請求訴訟(仙台高判令和5・10・25)…大橋真由美……120

〔民法〕第三者による請負代金債権の侵害の有無(最判令和5・10・23)…鳥山泰志……121

〔民法〕性同一性障害者特例法における生殖腺除去要件の違憲性(最大決令和5・10・25)…白須真理子……122

〔商法〕株式買取請求権の行使における反対通知(最決令和5・10・26)…小柿徳武……123

〔民訴法〕離婚請求に附帯する財産分与の申立てがされた財産の一部につき裁判を先送りすることの許否(最判令和4・12・26)…工藤敏隆……124

〔刑法〕中止行為の態様と任意性(東京地判令和5・3・15)…松原芳博……125

〔刑訴法〕破棄判決の拘束力――その範囲(最決令和5・10・11)…岩下雅充……126

Book Information

嶋矢貴之=小池信太郎=鎮目征樹=佐藤拓磨『刑法事例の歩き方――判例を地図に』……103

法律書ランキング

全国大学生協/紀伊國屋書店(2023年10月~12月)……131


法学教室を検索

当号の執筆者一覧
岩下 雅充
宇藤 崇
大島 義則
大島 梨沙
大橋 真由美
岡田 正則
尾形 健
興津 征雄
荻野 奈緒
笠井 正俊
神吉 知郁子
工藤 敏隆
小柿 徳武
品田 智史
島村 健
白須 真理子
高橋 洋
髙村 ゆかり
田中 良弘
鳥山 泰志
内藤 悟
中川 孝博
西貝 吉晃
西村 枝美
橋爪 隆
秦 公正
林 誠司
舩津 浩司
古川 伸彦
堀口 悟郎
松下 淳一
松原 芳博
緑 大輔
柳 明昌
山本 周平
吉開 多一
当号の分野一覧
103...刑法
103...常設欄書評
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016