HOME > 刊行予定 > 環境社会学研究 第27号
同一ジャンルへ: 社会学,環境
環境社会学研究 第27号

環境社会学研究 第27号

環境社会学会/編


2021年12月中旬予定
B5判並製 , 260ページ
予定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49974-4


社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学

ご購入はこちらから オンラインショップ


※価格表記が「予定価」となっている場合、お支払額が変更になる場合があります。
※近刊の書籍ですので,ネット書店によっては,書籍詳細ページがまだ出来ていない場合があります。その場合は,他のネット書店でお探しいただくか,日を改めてご確認ください。


目次
【特集1】環境社会学は東日本大震災にどのように応答してきたか
解題(大門信也)/環境と社会の〈あいだ〉を問うまなざしは,津波災害といかにして相対してきたか(黒田暁・平川全機)/法廷を鏡にして社会学を考える(関礼子)/原発災害における加害者の「応答の不在と暴力性」(西崎伸子)/ほか
【特集2】グローバル・コモディティの環境社会学
解題(寺内大左)/生活市場主義に向けて(箕曲在弘)/自主規制ガバナンスの進展と被害の不可視化(笹岡正俊)/輸入バイオマス発電の持続可能性を問う(飯沼佐代子)
【論文】自然再生事業と住民との協働の「偶然の成功」(藤田渡)/胎児性水俣病患者が置かれた社会的環境に関する考察(原田利恵)/社会的実践としての持続可能な食消費(藤原なつみ)/人新世における脱・人間中心的なポリティクスに向けて(栗原亘)/実践コミュニティの環境創出(廣本由香)/持続可能な食の社会的埋め込み(山本奈美)/球磨川周辺における令和2年7月豪雨犠牲者の被災要因に関する聴き取り調査(瀧健太郎ほか)
【書評およびリプライ】環境社会学にとっての秩序問題(池田和弘)/第一世代からのバトンを引き継ぐ(野澤淳史)/環境ガバナンス論と環境運動研究の接点を求めて(西城戸誠)/環境社会学のNGO・NPO研究,政策決定・実施過程研究として(藤田研二郎)/ほか
【レターズ】環境社会学における東日本大震災への「応答」をめぐる論点(高崎優子)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016