HOME > 詳細 > 環境社会学研究
同一ジャンルへ: 社会学,環境
環境社会学研究

環境社会学研究

環境社会学会/編


2020年12月発売
B5判並製 , 192ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49962-1


社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
【巻頭エッセイ】コロナ禍と環境社会学(浜本篤史)
【特集】気候変動と専門家
 解題(立石裕二)
 気候工学(ジオエンジニアリング)に関わる専門家とそのコミュニティー(杉山昌広)
 喪失と創作(福永真弓)
 ローカルな環境問題における気候変動問題の「遠さ」(富田涼都)
 気候危機と日本社会の消極性(長谷川公一)
【論文】
 持続可能な食消費に対する社会的実践理論からのアプローチ(藤原なつみ)
【研究ノート】地域環境NPOの活動展開と参加の構造の変化(山添史郎・塚本利幸・霜浦森平・野田浩資)
【書評およびリプライ】
 広域避難者支援を誰が,どう担うのか(原口弥生)
 広域避難者支援の今後の方向性と研究者の役割(西城戸誠・原田峻)
 経験と感受性から生活環境主義を読み直す(松村正治)
 そこに暮らす人びとの生活と感受性をどのようにとらえるのか(足立重和)
 国土開発の「ゆがみ」と地域の「異なる道」(廣本由香)
 周辺化されてきた者たちの生きる「災禍」そのものとしての「平時」(中田英樹)
 森林管理と社会的公正の追求(金沢謙太郎)
 参加型森林政策における統治と抵抗(椙本歩美)
 自分史を社会史と環境史へとつなぐ渾身の書(嘉田由紀子)
 環境社会学の原点を確認する(猪瀬浩平)
 魚類のドメスティケーションをアクター間の力学から読みとく(卯田宗平)/間(あわい)にあり続けるために(福永真弓)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016