HOME > 詳細 > 核燃料サイクル施設の社会学 -- 青森県六ヶ所村
同一ジャンルへ: 社会学
核燃料サイクル施設の社会学

核燃料サイクル施設の社会学 -- 青森県六ヶ所村

原発問題から日本社会のこれからを考える

舩橋 晴俊 (法政大学教授),長谷川 公一 (東北大学教授),飯島 伸子 (元東京都立大学教授)/著


2012年03月発売
四六判並製カバー付 , 410ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-28126-4


社会学
社会学 > 環境社会学
社会学 > 社会学その他
個別テーマの解説書

○在庫あり

青森県六ヶ所村での長期にわたるフィールドワークをもとに,日本社会が直面している原発問題を考える。東日本大震災以降の社会を見据え,歴史的な文脈を紹介し,原子力発電に必要とされる核燃料サイクル施設が内包する問題を,六ヶ所村での調査事例を中心に議論する。
目次
序 章 むつ小川原開発と核燃料サイクル施設の歴史を解明する視点
第一章 巨大開発から核燃基地へ
第二章 開発の性格変容と計画決定のありかたの問題点
第三章 大規模開発下の地域社会の変容
第四章 開発による人口・経済・財政への影響と六ヶ所村民の意識
第五章 原子力エネルギーの難点の社会学的検討
第六章 地域社会と住民運動・市民運動
第七章 女性の環境行動と青森県の反開発・反核燃運動
第八章 日本の地域開発史における六ヶ所村開発の位置づけ
第九章 日本の原子力政策と核燃料サイクル施設
巻末資料/索 引
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016