HOME > 詳細 > 新・女性学への招待 -- 変わる/変わらない 女の一生
同一ジャンルへ: 社会学
新・女性学への招待

新・女性学への招待 -- 変わる/変わらない 女の一生

女性の生きづらさを解決するために

井上 輝子 (和光大学教授)/著


2011年10月発売
四六判並製カバー付 , 276ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-28124-0
Women's Life in Contemporary Japan

社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー
やさしい入門書

○在庫あり

今,日本の女性たちは,どのような生活と人生を送っているのだろうか。家庭で,学校で,職場で,ライフステージの各段階で,女であることにより直面する問題や葛藤を具体的に描き出す。初版刊行から20年,女性学のパイオニアによる入門書,待望の新版化。
目次
プロローグ 女性学の誕生と発展
  1   女と男を分けるもの──幼児期における性役割の形成
  2   女子と男子の学校生活──教育のなかでのジェンダー形成
  3   働く女たち──職場における性差別
  4   性と恋愛──セクシュアル・ポリティクス
  5   結婚の夢と現実──カップル社会のなかで
  6   母になるということ──産むことと育てること
  7   変わる女の一生──人生90年時代
エピローグ いま,女性たちは
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016