HOME > 詳細 > 老いのこころ -- 加齢と成熟の発達心理学
同一ジャンルへ: 心理学
老いのこころ

老いのこころ -- 加齢と成熟の発達心理学

「自分のこと」「家族のこと」「社会のこと」を考えるために

有斐閣アルマ > Specialized

佐藤 眞一 (大阪大学教授),髙山 緑 (慶應義塾大学教授),増本 康平 (神戸大学准教授)/著


2014年06月発売
四六判並製カバー付 , 310ページ
定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-22016-4
The Mind in Old Age

心理学
心理学 > 発達心理学
心理学 > 臨床心理学
入門書・概説書

○在庫あり

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む

人はどう老いていき,そのとき本人や家族はどんな葛藤・問題を抱えるのか。様々な立場の人が「自分のこと」として読み・考えることができるよう,老いのメカニズムの基礎理論から高齢者との関わり・対応に役立つ実践的知見まで,平易にコンパクトに解説します。
目次
第1部 老いを包む社会
 第1章 老いのこころと高齢社会
 第2章 エイジングのこころ─人の生涯発達
 第3章 引退するこころ─引退期の獲得と喪失
第2部 老いのこころのメカニズム─正しい理解とアプローチのために
 第4章 情報処理機能の変化─感覚・脳・認知
 第5章 忘れやすさと忘れにくさ─記憶と学習
 第6章 英知を磨く─知的発達
 第7章 その人らしさとエイジング─パーソナリティ
 第8章 家族とのつながり─家族のサポート
 第9章 他者との関わり合い─社会のサポート
 第10章 高齢期のこころの病気─気分・意識の障害と認知症
第3部 老いて,生きる
 第11章 超高齢期のこころ─それぞれの生き方,それぞれの人生
 第12章 死にゆくこころ─死生観と死のプロセス
 第13章 老いを共に生きるこころ─家族として,援助者として

Column(1) 年齢差別─エイジズム/Column(2) 主観年齢と年齢アイデンティティ/Column(3) 定年後の夫の「居場所不安」/Column(4) 脳の老化を予防する?─脳の可塑性/Column(5) 年をとると嫌なことは思い出さず,よいことを思い出す?/Column(6) ブリムの父親のエピソード/Column(7) 階層的補完モデルと課題特定モデル/Column(8) 家族関係を包括的にとらえる/Column(9) 障害を認識することの重要性/Column(10) 生きがいの多様性/Column(11) 人の尊厳と死/Column(12) 死別と悲嘆
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016