HOME > 詳細 > 論究ジュリスト(2017年春号) No.21
論究ジュリスト(2017年春号) No.21

論究ジュリスト(2017年春号) No.21

法律学究誌「論究ジュリスト」第21号

ジュリスト増刊 > 論究ジュリスト



2017年04月発売
B5判並製 , 200ページ
定価 2,880円(本体 2,667円)
ISBN 978-4-641-21321-0


憲法
国際法
国際政治

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

○在庫あり

世界中で頻発するテロや自然災害。これらの非常事態に対しては,法的な対応も急務となっている。特集では,各国のテロ対策法制や,非常事態における国家緊急権のあり方とその問題点に検討を加える。新連載「現代訴訟の論点と法理論の検討」では,研究者と裁判官が,現代訴訟の抱える多様な論点について議論を交わす。
目次
【特集】テロと非常事態を考える
非常事態とは何か──憲法学による捉え方…高田 篤
非常事態の法理…小島慎司
戦争権限──予防国家における戦争,自衛,そして立憲主義…大林啓吾
「統治行為」諸論の批判的考察…愛敬浩二
テロと戦う論理と倫理…松元雅和
フランスにおけるテロ対策と緊急事態「法」の現況…奥村公輔
ドイツのテロ対策・予防のための法制度──「憲法の枠内」か安全の優先か…井上典之
イギリスにおけるテロ対策法制と人権──多層的人権保障システムへの新たな挑戦…江島晶子
オバマ政権下のテロ対策…長谷部恭男
韓国におけるテロ対策立法…國分典子
イラク戦争とは何だったのか──ヨーロッパから見て…遠藤 乾
イラク戦争とは何だったのか──アメリカから見て…中山俊宏
非常事態に備える憲法改正は必要か…高見勝利
【新連載】
現代訴訟の論点と法理論の検討…道垣内弘人・朝倉佳秀ほか
【連載】
菅野和夫先生に聴く…菅野和夫・岩村正彦・荒木尚志
私の三冊…大石 眞
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016