HOME > 詳細 > 論究ジュリスト(2014年春号) No.9
同一ジャンルへ: 憲法
論究ジュリスト(2014年春号) No.9

論究ジュリスト(2014年春号) No.9

法律学究誌「論究ジュリスト」第9号

ジュリスト増刊 > ジュリスト増刊 > 論究ジュリスト



2014年05月発売
B5判並製 , 208ページ
定価 2,880円(本体 2,667円)
ISBN 978-4-641-21309-8


憲法

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

○在庫あり

国家のあり方そのものを規定する憲法の改正。その意味,そして,伴って生起する問題は? 憲法改正の現実化を思わせる動きも加速している中,重要論点を再考するとともに,この問いを問い直す。
 「判例詳解」欄では,JASRAC審決取消東京高裁判決を取り上げる。
目次
【特集】憲法"改正"問題――国家のあり方とは
〔座談会〕
ポスト近代国家へ――国境・憲法・国家の構造転換 ………長谷部恭男・大野博人・阪口正二郎・杉田 敦
〔論文〕
「憲法を改正する」ことの意味………宍戸常寿
憲法改正の限界………西村枝美
「外国法」を参照する意味………中林暁生
憲法96条の「改正」………長谷部恭男
内閣法制局の機能………阪田雅裕
憲法9条の機能と意義――国家の実力行使の諸類型と憲法………木村草太
日本における民主政治の劣化をめぐって………山口二郎
国家緊急事態と議会留保………村西良太
立憲民主政の心・技・体と防災設計――比較憲法工学の可能性………松平徳仁

【連載】
刑事政策研究会………川出敏裕ほか

判例詳解「JASRAC排除型私的独占事件第1審判決――東京高判平成25・11・1」………古城 誠
私の三冊「精神の砥石,論理の鋳型,こころの苗代」………樋口陽一
追悼「小寺彰先生を偲んで」………森 肇志
〔特別寄稿〕「ロシアのクリミア編入と国際法」………中谷和弘
〔特別座談会〕「消費者裁判手続特例法の理論と課題」………三木浩一ほか
知的財産法の新潮流/刑事判例研究/租税法研究会

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016