HOME > 詳細 > 金融の仕組みと働き
同一ジャンルへ: 金融
金融の仕組みと働き

金融の仕組みと働き

ポイントを押さえて,金融の流れをつかむ

岡村 秀夫 (関西学院大学教授),田中 敦 (関西学院大学教授),野間 敏克 (同志社大学教授),播磨谷 浩三 (立命館大学教授),藤原 賢哉 (神戸大学教授)/著


2017年09月発売
A5判並製カバー付 , 268ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-18437-4
Modern Monetary Theory and Practice

金融

○在庫あり

現実の金融がどのような仕組みで動いているのか,具体的なイメージをつかんだうえで,基礎的な理論を使って金融機関や金融市場の働きをわかりやすく解説する,入門テキストの決定版。基本から最新の動きまでをカバーし,変化の激しい金融の流れをとらえる。
目次
序 章 金融の仕組みと働き
第1部 金融システム
 第1章 資金の流れ
 第2章 銀 行
 第3章 金融市場
 第4章 金融の新しい仕組み──証券化とフィンテック
第2部 金融取引
 第5章 金融取引と金利
 第6章 金融取引の特徴と課題
 第7章 銀行の働き
 第8章 金融市場の働き
 第9章 金融取引と政府の役割
第3部 金融政策と金融システムの安定
 第10章 貨幣の働きとマクロ経済
 第11章 日本銀行と金融政策
 第12章 金融危機とプルーデンス政策
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016