HOME > 詳細 > 犯罪・非行の心理学
同一ジャンルへ: 刑事学,心理学
犯罪・非行の心理学

犯罪・非行の心理学

藤岡 淳子 (大阪大学教授)/編


2007年03月発売
A5判並製カバー付 , 296ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-18347-6


刑事学 > 犯罪学(狭義の) > 犯罪心理学
心理学
入門書・概説書

○在庫あり

なぜ人は犯罪や非行を犯すのか。犯罪や非行を犯した人に対する心理臨床とはどのようなものか。犯罪・非行について,心理学を中心としつつ,法律学,刑事政策学,社会学,精神医学を視野に入れ,基礎的な内容から最新の知見までを平易に解説した入門テキスト。
目次
第1部 犯罪・非行の基礎
 第1章 犯罪・非行心理学を学ぶにあたって
 第2章 犯罪・非行研究の基礎理論
 第3章 犯罪・非行の個別的要因(1)パーソナリティ要因
 第4章 犯罪・非行の個別的要因(2)発達障害
 第5章 非行と家族関係
 第6章 犯罪・非行と学校・職場・地域
 第7章 エビデンスに基づく評価と介入
第2部 犯罪・非行の心理臨床
 第8章 犯罪・非行の心理臨床の基礎
 第9章 犯罪者・非行少年の処遇システム
 第10章 犯罪者・非行少年のアセスメント
 第11章 犯罪・非行の治療教育
 第12章 犯罪被害者の精神的被害
 第13章 犯罪・非行の心理学の課題と展望
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016