HOME > 詳細 > 社会的排除 -- 参加の欠如・不確かな帰属
同一ジャンルへ: 社会学
社会的排除

社会的排除 -- 参加の欠如・不確かな帰属

岩田 正美 (日本女子大学教授)/著


2008年12月発売
四六判並製カバー付 , 216ページ
定価 1,836円(本体 1,700円)
ISBN 978-4-641-17803-8


社会学 > 社会学その他
やさしい入門書

○在庫あり

ホームレスやネットカフェ難民,長期失業の若者や日雇い派遣など,福祉国家の制度からこぼれ落ち,呻吟する人々。彼らはなぜ,どのようにその拠り所を失ったのか。貧困研究の第一人者が「社会的排除」概念の意味と役割をクリアに示し,日本のリアリティに鋭く迫る。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
はじめに
序 章 社会に参加するということ
第1章 「社会的排除」とは何か
第2章 社会的排除vs.貧困
第3章 社会からの「引きはがし」と「中途半端な接合」──路上ホームレスから見た2つの経路
第4章 若者と社会への「中途半端な接合」──ネットカフェ・ホームレスの場合
第5章 周縁──地域空間と社会的排除
第6章 セーフティネットからの脱落──福祉国家と社会的排除
終 章 社会的包摂のあり方
  あとがき
   引用文献
   さらに読み進む人のために
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016