HOME > 詳細 > 社会意識からみた日本 -- 階層意識の新次元
同一ジャンルへ: 社会学
社会意識からみた日本

社会意識からみた日本 -- 階層意識の新次元

この社会はどこへ向かっているのか?

数土 直紀 (学習院大学教授)/編


2015年03月発売
四六判並製カバー付 , 290ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-17411-5
New Dimensions of Social Identification and Consciousness

社会学
個別テーマの解説書

○在庫あり

いまの日本社会はいかなる時代を迎えているのか。社会に対するイメージ,政治に対する期待感,勤勉さと労働倫理,市民活動への意欲など「静かな変容」を経てきた現代人のものの考え方,世の中との向きあい方を描き出す,大規模調査SSPプロジェクトにもとづく最新の現代社会論。
目次
 序 章 現代日本の階層意識の解明に向けて(数土直紀)
第1部 主観のなかの社会階層
 第1章 階層帰属意識からみた戦後日本─総中流社会から格差社会へ(神林博史)
 第2章 「中」と答える人たち─中意識の構造(金澤悠介)
 第3章 どうして「中」と答えたのか─調査のやり方で変わる回答(小林大祐)
 第4章 頭のなかの日本社会─日本人の自己像(数土直紀)
第2部 社会階層と現代社会の意識のあり方
 第5章 どうして「社会は変えられない」のか─政治意識と社会階層(松谷 満)
 第6章 日本社会の勤勉性のゆくえ─格差社会のなかの労働倫理(米田幸弘)
 第7章 誰が市民活動を担うのか─ボランティアの階層的変容(三谷はるよ)
 第8章 階層意識の学歴差を考える─社会意識の再埋め込み(吉川 徹)

訂正情報

85ページ,表3-1内「SSP-P」調査の「計画サンプル」と「有効回収率」の数値に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(誤) 計画3,500サンプル
(正) 計画2,500サンプル

(誤) 有効回収率(39.6%)
(正) 有効回収率(55.4%)

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016