HOME > 詳細 > 自殺のない社会へ -- 経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ

自殺のない社会へ -- 経済学・政治学からのエビデンスに基づくアプローチ

社会問題としての自殺に,実証分析から挑む

澤田 康幸 (東京大学教授),上田 路子 (シラキュース大学リサーチ・アシスタント・プロフェッサー),松林 哲也 (ノーステキサス大学アシスタント・プロフェッサー)/著


2013年06月発売
A5判並製カバー付 , 238ページ
定価 2,484円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-17391-0
Towerds Evidence-Based Suicide Prevebtion: Perspectives from Economics and Political Science

社会政策・社会保障 > 社会政策
政治 > 公共政策(政治の)
個別テーマの解説書

○在庫あり

なぜ自殺に追い込まれてしまう人がいるのか。自殺を,精神疾患などの直接的な原因だけではなく,社会・経済問題として捉え,緻密な調査と実証分析からその要因を明らかにする。エビデンス・ベースの視点からこれまでの対策の評価と,効果的な対策の見極め・実践に向けた展望を提示!
目次
序 章 政策課題としての自殺対策
第1章 なぜ自殺対策が必要なのか?
第2章 自殺の社会経済的要因
第3章 自然災害と自殺──日本の都道府県データによる分析
第4章 政治イデオロギーと自殺──OECD諸国の国際比較データによる分析
第5章 経済・福祉政策と自殺──日本の都道府県データによる分析
第6章 自殺対策の運用と成果
終 章 エビデンスに基づく自殺対策を目指して

受賞

第56回(2013)日経・経済図書文化賞

書評等

※『社会保障研究』第49巻第4号(2014年3月刊行)に書評が掲載されました。評者は西村周三・国立社会保障・人口問題研究所所長。
※『家計経済研究』第101号(2014年1月)に書評が掲載されました。評者は柴田悠・同志社大学政策学部准教授。
※『日本経済新聞』2013年12月29日付の朝刊「エコノミストが選ぶ 経済図書ベスト10」で,第3位に選ばれました。
※『経済セミナー』2013年12・2014年1月号の書評で取り上げていただきました。評者は金子能宏・国立社会保障・人口問題研究所室長。
※『朝日新聞』2013年10月8日付の夕刊「文芸批評」で取り上げていただきました。
※『週刊エコノミスト』2013年9月17日号の「BOOK REVIEW」で取り上げていただきました。評者は土居丈朗・慶應義塾大学教授。
※『毎日新聞』2013年9月1日付の朝刊「今週の本棚」で取り上げていただきました。評者は大竹文雄・大阪大学教授。
※『出版ニュース』2013年8月下旬号で紹介されました。
※『週刊ダイヤモンド』2013年8月24日号の 「Book Reviews1 書林探索」に書評が掲載されました。評者は,福田慎一・東京大学大学院経済学研究科教授。記事タイトルは,「緻密な調査と実証分析が明かす社会・経済問題としての自殺」です。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016