HOME > 詳細 > はじめて学ぶ宗教 -- 自分で考えたい人のために
はじめて学ぶ宗教

はじめて学ぶ宗教 -- 自分で考えたい人のために

「いかに生きるか」という問いからはじめる

岡田 典夫 (茨城キリスト教大学名誉教授),小澤 浩 (前富山大学教授),櫻井 義秀 (北海道大学教授),島薗 進 (東京大学教授),中村 圭志 (編集,翻訳,著述業)/著


2011年05月発売
四六判並製カバー付 , 280ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-17377-4
Learning about Religion

哲学・思想 > 宗教学
社会学 > 社会学その他
歴史学 > 歴史学その他
やさしい入門書

○在庫あり

宗教を信じると否とにかかわらず,私たちは生きていくうえで,宗教についての一定の知識や判断力・理解力が求められています。「いかに生きるか」という問いを忘れずに,現実社会との関わりを重んじながら,しかし冷静に,自分の頭で宗教について考えるための書。

著者の島薗進先生が,本書の刊行にあたって『書斎の窓』(2011年10月号)にお寄せくださいましたエッセイをアップしました。
目次
はじめに
序 章 「宗教」とは何かを考える=中村圭志・島薗進
第1章 宗教と暴力──苦難・救済・非暴力主義=島薗進
第2章 神話と聖典の言葉──宗教的言語世界にアプローチするためのヒント=中村圭志
第3章 宗教と社会──カルトとの遭遇=櫻井義秀
第4章 宗教から信仰へ──矢部喜好の良心的兵役拒否をめぐって=岡田典夫
第5章 日本人と宗教──「ヒトガミ」の物語=小澤浩
Column
用語解説
読書案内
索 引

書評等

※『佛教タイムス』(2011年6月23・30日合併号)の「読書案内」コーナーで紹介されました。
※『出版ニュース』(2011年7月上号,p.14)で紹介されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016