HOME > 詳細 > 体制転換の社会学的研究 -- 中欧の企業と労働
同一ジャンルへ: 社会学
体制転換の社会学的研究

体制転換の社会学的研究 -- 中欧の企業と労働

社会変動研究の実証的成果

石川 晃弘 (中央大学名誉教授)/著


2009年10月発売
A5判上製カバー付 , 238ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-17361-3
A Sociological Study of System Transformation in Central Europe

社会学 > 労働社会学
社会学 > 社会学その他

在庫なし

冷戦後の社会主義体制崩壊時に,中欧の社会は極めて冷静な体制変動を経験した。スムースな体制変動はいかにして進められたか。企業と労働というメゾ・レベルに焦点をあて,社会的コスト最小化の仕組みを実証的に分析,その理論的意義を提起した社会変動論の成果。
目次
序論 研究の課題と対象
第1部 体制内改革における企業と労働
 第1章 社会主義体制下の階級関係と労使関係──前提的考察
 第2章 ハンガリーにおける経済改革と企業の変容
 第3章 ポーランドにおける企業の自立化と従業員評議会
 第4章 チェコスロヴァキアにおける改革の挫折と原型の持続
 第5章 従業員意識からみた企業内諸関係──ハンガリーとポーランド
第2部 体制転換過程における企業と労働
 第6章 企業所有の変化と経営者
 第7章 体制転換後の労働組合
 第8章 従業員意識の変化からみた企業内諸関係の動態
 第9章 体制移行過程の企業内労使関係──ハンガリーの事例
 第10章 体制移行過程の企業内労使関係──ポーランドの事例
 第11章 体制移行過程の企業内労使関係──チェコとスロヴァキアの事例
結論 要約と含意
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016