HOME > 詳細 > 調査データ分析の基礎 -- JGSSデータとオンライン集計の活用
同一ジャンルへ: 社会学
調査データ分析の基礎

調査データ分析の基礎 -- JGSSデータとオンライン集計の活用

徹底的にわかりやすい!

岩井 紀子 (大阪商業大学教授),保田 時男 (大阪商業大学講師)/著


2007年03月発売
B5変型判並製カバー付 , 306ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-17328-6


社会学 > 社会調査
補助教材

○在庫あり

調査データ分析について,懇切丁寧に解説した入門テキスト。調査の基礎から,データの記述,推定と検定,さまざまな分析の仕方までを扱う。例題や章末の問題では,JGSSデータのオンライン集計を用いて実際にデータ分析を行い,正確で深い理解を促す。
目次
Part1 なぜ調査データを分析するのか
 第1章 調査データとは何か
 第2章 社会調査の手順の概要
 第3章 多様な分析の方向性
 第4章 公開データの利用
Part2 調査データの内容を記述する
 第5章 度数分布表
 第6章 グラフ
 第7章 代表値とばらつき
 第8章 複数回答の扱い方
 第9章 2変数のクロス集計表
 第10章 関連性を表す統計量
 第11章 3変数のクロス集計表
Part3 調査データからわかることを一般化する
 第12章 統計的推定の考え方
 第13章 統計的検定の考え方
 第14章 独立性の検定と比率の差の検定
 第15章 平均値に関する推定と検定
Part4 調査データから何かを説明する
 第16章 分散分析
 第17章 回帰分析の基礎
 第18章 回帰分析の応用と一般線型モデル
 第19章 ロジスティック回帰分析
 ◎付録 リモート集計の使い方,確率表,JGSS─2000調査票
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016