HOME > 詳細 > 産業組織論 -- 理論・戦略・政策を学ぶ
同一ジャンルへ: 産業組織論
産業組織論

産業組織論 -- 理論・戦略・政策を学ぶ

待望のスタンダード・テキスト

小田切 宏之 (一橋大学名誉教授,公正取引委員会顧問)/著


2019年11月発売
A5判並製カバー付 , 328ページ
定価 2,970円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-16553-3
Industrial Organization:Basic Theory, Business Strategy, and Competition Policy

産業組織論
入門書・概説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


基礎理論から戦略,政策までをかみ砕いて解説され,いきいきと学べる基本テキスト。各章のなかも,「キーワード」「定理」として重要概念を説明し,事例中心のコラム,章末のポイント,練習問題を用意し構成する。今日の産業とビジネスを理解するために欠かせない一冊。
目次
序 章 産業組織論で学ぶこと
第1部 基礎理論編 第1章 消費者と生産者──需要曲線・供給曲線は何を表すか?/第2章 完全競争と独占──競争はなぜ望ましいか?/第3章 寡 占──企業間の相互作用をどう分析するか?/第4章 参入とコンテスタブル市場──規制緩和をいかに進めるか?
第2部 戦略編 第5章 価格戦略の多様性──消費者にとって得か損か?/第6章 製品差別化と参入の戦略──製品バラエティは過剰か,過大か?/第7章 品質と価格戦略・広告戦略──広告は社会的害か?/第8章 競争優位の戦略──競争者を排除し参入を阻止するには?/第9章 技術戦略──研究開発や特許は競争とどう関係するか?
第3部 政策編 第10章 市場画定と市場構造──市場とは何か?/第11章 カルテル──いつ起きるか,なぜ持続するか?/第12章 企業結合──なぜ企業は合併しようとするのか?/第13章 垂直的取引制限──定価販売は消費者に不利か?/第14章 マルチサイド市場とプラットフォーム──GAFAは何が問題か?
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016