HOME > 刊行予定 > プレイス・ブランディング -- 地域から“場所”のブランディングへ
プレイス・ブランディング

プレイス・ブランディング -- 地域から“場所”のブランディングへ

「場所」のブランディングへ

電通 abic project/編
若林 宏保 (電通CDC クリエーティブ・ディレクター),徳山 美津恵 (関西大学教授),長尾 雅信 (新潟大学准教授)/著


2018年02月下旬予定
四六判並製カバー付 , 280ページ
予定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-16508-3


マーケティング


地域よりも広がりをもつ「場所」のブランディングに関して,新たな実践的な枠組みを提示し,政策レベルではなく,ミクロの視点に立って論理を構築する。長めのケースを取り入れて,地域活性化の実践例としての新しい姿を描き出す,地域に関わる人々の必読書。
目次
第1部 理論編
 第1章 なぜプレイス・ブランディングが必要なのか
 第2章 プレイスとは何か
 第3章 プレイス・ブランディングのしくみ
第2部 ケース編
 第4章 ポートランド:自分らしい生き方を求めて
 第5章 瀬戸内:内海文化の共創
 第6章 越後:和紙と育むムーブメント
 第7章 南アルプス:世界に誇る「水の山」へ
第3部 実戦編
 第8章 実戦:マネジメントからディレクションへ

 終 章 プレイスを求めて
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016