HOME > 詳細 > 少子化は止められるか? -- 政策課題と今後のあり方
少子化は止められるか?

少子化は止められるか? -- 政策課題と今後のあり方

現状の流れを反転させるために

阿部 正浩 (中央大学教授)/編著


2016年03月発売
四六判上製カバー付 , 174ページ
定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-16472-7
Stop the Declining Birthrate

経済政策 > 経済政策概論
労働経済学
社会学 > 労働社会学
個別テーマの解説書

○在庫あり

さまざまな対策が実施されているにもかかわらず,少子化が止まらない日本社会。政府や企業,地方自治体によって行われてきた少子化対策について,主に経済学の視点からその有効性と問題点を検証し,持続的社会を実現するために必要な施策を提示する。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
はじめに:少子化は止められるか? [阿部正浩]
第1章 政府はどのような少子化対策を行ってきたのか? [阿部正浩・加藤久和・中井雅之]
第2章 子育てと仕事の非両立が少子化を進めたのか? [宇南山卓]
第3章 子どもは親の生活満足度を高めるか?─国際比較の結果から [松浦司・影山純二]
第4章 「子育てする企業」の特徴は? [阿部正浩・朝井友紀子・児玉直美・齋藤隆志]
第5章 地方自治体の少子化対策は効果があったのか? [松田茂樹・佐々井司・高岡純子・工藤豪]
第6章 少子化対策で将来の出生率や人口はどうなるか?─少子化対策と出生動向に関する将来シミュレーション [加藤久和・中野諭]
おわりに:何が問題で何が必要か? 少子化対策に望まれること [阿部正浩]

書評等

※「地方自治職員研修」2016年6月号の「BOOKS」に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016