HOME > 詳細 > 新興国市場戦略論 -- 拡大する中間層市場へ・日本企業の新戦略
新興国市場戦略論

新興国市場戦略論 -- 拡大する中間層市場へ・日本企業の新戦略

日本企業の今後の重要戦略を考える

東京大学ものづくり経営研究シリーズ > 東京大学ものづくり経営研究シリーズ

天野 倫文 (元東京大学准教授),新宅 純二郎 (東京大学教授),中川 功一 (大阪大学准教授),大木 清弘 (東京大学講師)/編


2015年12月発売
A5判並製カバー付 , 452ページ
定価 4,428円(本体 4,100円)
ISBN 978-4-641-16420-8
Emerging Market Strategy: Challenges of Japanese Multinationals

組織論
経営戦略論
経営学
個別テーマの解説書

○在庫あり

成長著しいBRICs等の新興国市場へ進出する日本企業に有効な戦略・組織とは。ものづくり経営学,国際経営論の視点で考察。エプソン,ホンダ,デンソー,コマツ,パナソニック,LG,奇瑞など,確かな地歩を固める企業を実見した,魅力的な事例から学ぶ。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
第1部 理論とフレームワーク
 1章 新興国市場戦略の諸観点と国際経営論(天野)
 2章 新興国市場戦略論(新宅・天野)
第2部 製品・サービス戦略
 3章 新興国における市場戦略再構築の重要性(天野・中川)
 4章 日本企業の優位性の活用による新興国市場展開(新宅・大木・鈴木信貴)
 5章 低価格モデルの投入と製品戦略の革新(新宅・天野)
 6章 現地人エンジニアが主導する製品開発(金熙珍)
 7章 新興国市場における産業財の製品開発戦略(鈴木)
 8章 サービス,ソリューション戦略における現地エンジニアの役割(鈴木・新宅)
 9章 ITシステムの活用による新興国ハイエンド市場への進出(朴英元・新宅)
 10章 BRICs自動車市場の生成と多国籍自動車メーカーの環境適応戦略(李澤建)
 11章 標準化とカスタマイズによる新興国市場戦略(立本博文・高梨千賀子・小川紘一)
第3部 組織の設計・能力構築
 12章 新興国市場戦略のためのグローバル組織設計序論(中川・天野・大木)
 13章 現地人材活用による市場適応(朴・新宅・天野・金)
 14章 現地適応とグローバル統合の2軸共進化(若山俊弘・新宅・天野・菊池隆文)
 15章 日系小売企業における組織能力の構築と現地市場開拓(天野)
 16章 市場拡大期における企業の動態適応プロセス(李)
 17章 新興国ビジネスにおけるサプライ・チェーン・マネジメントとIT(朴)
 終章 日本企業の新戦略(新宅・中川・大木)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016