HOME > 詳細 > 日本型マーケティングの新展開
日本型マーケティングの新展開

日本型マーケティングの新展開

消費者意識の変容に応えるマーケティング戦略の行方は?

池尾 恭一 (慶應義塾大学教授),青木 幸弘 (学習院大学教授)/編


2010年10月発売
A5判並製カバー付 , 336ページ
定価 3,564円(本体 3,300円)
ISBN 978-4-641-16367-6
New Developments in Japanese Marketing

マーケティング
個別テーマの解説書

○在庫あり

戦後から現代に至るまでの消費者の購買関与度と製品判断力の変化をキー概念に,メーカーや流通の対応と戦略を,豊富なケースを交えて分析。インターネットの普及,ブランド構築の新しい視点もふまえ日本企業のマーケティング戦略構築の今後を展望する意欲作。
目次
第1部 日本型マーケティングの行方
 第1章 家電流通の動態とマーケティング革新(田嶋規雄)
 第2章 消費者購買特性の視点からみた化粧品流通チャネルの変化(川北眞紀子)
 第3章 生命保険業界におけるオープン型マーケティング(松下光司)
 第4章 自販機マーケティングの行方(土橋治子)
 第5章 カスタマイズ戦略における製品アーキテクチュアと顧客対応(木村浩)
第2部 インターネットとマーケティング
 第6章 SNSを活用したマーケティング・コミュニケーション(森田正隆)
 第7章 企業ブログを中心とした企業とユーザー間,ユーザー相互間のゆるやかな結びつき(澁谷覚)
 第8章 消費者購買決定過程とネットエージェント(浦野寛子)
第3部 ブランド理解の新たな地平
 第9章 ブランド構築と価値のデザイン(青木幸弘)
 第10章 市場,カテゴリー,ブランドのミッシングリンク(新倉貴士)
 第11章 ブランド・エクイティ構築におけるセールス・プロモーションの役割(松下光司)
 第12章 製品開発局面における成分ブランドの効果(坂下玄哲・余田拓郎)
 第13章 地域ブランドの地場産業への浸透と融合(長尾雅信)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016