HOME > 詳細 > 日本企業経営史研究 -- 人と制度と戦略と
日本企業経営史研究

日本企業経営史研究 -- 人と制度と戦略と

実証的経済史学・経営史学の魅力

宮本 又郎 (関西学院大学教授・大阪大学名誉教授)/著


2010年05月発売
A5判上製カバー付 , 602ページ
定価 7,020円(本体 6,500円)
ISBN 978-4-641-16349-2
Japanese Business in Historical Perspective

経営史
経済史 > 日本経済史
歴史学 > 日本史

○在庫あり

江戸から現代への日本経済の近代化プロセスを,会社制度,企業家,企業戦略,経済団体に焦点を当てて分析し,市場の変化と革新者たちの行動を細密に描き出す。時代の問題への深い洞察と理論化の努力,そして事実から目をそむけない実証精神に満ちた魅力的論文集。 
目次
1 鴻池善右衛門家の経営史
 1 江戸時代における鴻池家
 2 明治初期の企業と企業家
 3 土居通夫と鴻池家
 4 鴻池の多角化挫折
2 会社制度とコーポレート・ガバナンス
 5 産業化と会社制度の発展
 6 総有システムと所有者主権の制限
 7 株式会社制度成立期のコーポレート・ガバナンス
3 企業家論
 8 企業家学の意義
 9 近代移行期における商家・企業家の盛衰
 10 関西の企業家
4 企業成長と戦略
 11 大阪紡績の製品・市場戦略
 12 明治期紡績業の生産性
 13 戦前における日本生命のマーケティング
 14 酒の数量経済史
5 市場秩序と経済団体
 15 近世の市場秩序と株仲間
 16 戦前日本における財界団体の展開
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016