HOME > 詳細 > 商法 Ⅲ -- 手形・小切手 第4版
商法 Ⅲ

商法 Ⅲ -- 手形・小切手 第4版

大塚 龍児 (北海学園大学教授),林 竧 (北海道大学教授),福瀧 博之 (関西大学教授)/著


2011年10月発売
四六判並製カバー付 , 408ページ
定価 2,268円(本体 2,100円)
ISBN 978-4-641-15936-5
Commercial Law 3

商法一般・総則・商行為
入門書・概説書

○在庫あり

なぜ・どうしてという問いに対する答えを軸として商法上の法規制をわかりやすく説明した好評書の最新版。平成20年12月より施行された「電子記録債権法」について,手形・小切手法との関係を解説。さらに旧版以降の立法・学説の動向や新判例を織り込んだ。
目次
第1編 序 論
 第1章 手形・小切手の法的構造
 第2章 手形・小切手の完全有価証券性
 第3章 手形・小切手の経済的機能
 第4章 歴史・外国法・法源
第2編 総 論
 第1章 手形行為の意義と成立要件
 第2章 手形行為の性質
 第3章 手形行為と原因関係
 第4章 手形行為と法律行為に関する一般原則
 第5章 他人による手形行為
 第6章 手形の偽造,変造,抹消・毀損・喪失
第3編 各 論
 第1章 約束手形
 第2章 為替手形
 第3章 小切手
第4編 有価証券法通論
 第1章 有価証券の概念
 第2章 有価証券の分類とその法的意義
 第3章 有価証券の発行
 第4章 有価証券の譲渡
 第5章 有価証券の善意の譲受人の保護
 第6章 有価証券による権利行使
 第7章 有価証券喪失の場合の措置
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016