HOME > 詳細 > はじめて学ぶ国際金融論
同一ジャンルへ: 国際金融
はじめて学ぶ国際金融論

はじめて学ぶ国際金融論

為替変動の本質をつかむ!

永易 淳 (東北大学教授),江阪 太郎 (神戸市外国語大学准教授),吉田 裕司 (滋賀大学教授)/著


2015年09月発売
A5判並製カバー付 , 228ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-15024-9
Introduction to International Finance

国際金融
入門書・概説書

○在庫あり

経済学とファイナンスの観点から,現実の為替レートの変動を読み解くための基礎を学ぶ入門テキスト。初学者でも直観的に理解できるように図表や数値例を多用し,また計算過程を省略することなく丁寧に解説した。基本的な理論から変動の激しい国際金融の流れをとらえる。
目次
第1章 為替レートと経済活動─円高とは? 円安とは?
第2章 外国為替市場と為替制度─為替レートはどこで決まっているの?
第3章 購買力平価─ハンバーガーの価格で為替レートが決まるの?
第4章 金利平価モデル─外貨預金は本当に得するの?
第5章 マネタリー・モデル─金融緩和政策で円安に?
第6章 効率的市場とマイクロストラクチャー─為替レートはなぜ大きく短期的に変動するの?
第7章 為替介入─円安政策で経済回復?
第8章 固定相場制と通貨危機─通貨の価値が5分の1に?
第9章 統一通貨圏と欧州経済危機─ユーロ危機はなぜ起きた?
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016