HOME > 詳細 > 現代官僚制の解剖 -- 意識調査から見た省庁再編20年後の行政
同一ジャンルへ: 政治
現代官僚制の解剖

現代官僚制の解剖 -- 意識調査から見た省庁再編20年後の行政

官僚は何を考え,何を目的にしているのか

北村 亘 (大阪大学教授)/編


2022年04月発売
A5判上製カバー付 , 242ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-14940-3
Anatomy of the Japanese Bureaucracy: Changes and Continuity of Bureaucrats'Preferences, and Behaviours

政治
政治 > 行政学・地方自治
政治 > 公共政策(政治の)

○在庫あり
書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


政治主導の強化の中で,現代日本の官僚たちは,日常業務や組織運営,そして政治や政策課題に対してどのような認識を抱いているのか。約20年ぶりに実施された包括的な官僚意識調査から多面的に分析する。

「現代の政治行政を知るためには,官僚の意識と行動の分析は不可欠である」
村松岐夫・京都大学名誉教授
目次
はじめに:官僚意識調査から見た日本の行政──2019年調査から見えてきた日本の行政の変容(北村亘)
第1章 省庁再編後の日本の官僚制──2019年調査のコンテクスト(北村亘・小林悠太)
第2章 政策選好で見る官僚・政治家・有権者の関係(曽我謙悟)
第3章 官僚の目に映る「官邸主導」(伊藤正次)
第4章 政策実施と官僚の選好(本田哲也)
第5章 なぜデジタル化は進まないか──公務員の意識に注目して(砂原庸介)
第6章 2019年の中央官庁の地方自治観(北村亘)
第7章 官僚のパブリック・サービス・モチベーションと職務満足(柳至)
第8章 何が将来を悲観させるのか──リーダーシップ論からの接近(小林悠太)
第9章 官僚にワーク・ライフ・バランスをもたらすものは何か(青木栄一)
第10章 日本の官僚制はどこに向かうのか(北村亘)

書評等

※『時評』2022年5月号に書評が掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016