HOME > 詳細 > 大阪の選択 -- なぜ都構想は再び否決されたのか
同一ジャンルへ: 政治

大阪の選択 -- なぜ都構想は再び否決されたのか

独自データで読み解く「大阪都構想」

善教 将大 (関西学院大学教授)/著


2021年11月発売
四六判並製カバー付 , 224ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-14939-7
The People's Choice: Why Did the Citizens of Osaka Oppose the Osaka Metropolis Plan Again?

政治
政治 > 政治過程論・日本政治
個別テーマの解説書

○在庫あり
書評等 ウェブサポート

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


賛成優位ではじまった2度目の「大阪都構想」を問う住民投票は,なぜ最終的に再び反対多数になったのか。『維新支持の分析』(サントリー学芸賞受賞)の著者が,独自のデータを用いた分析から大阪市民の選択の理由を明らかにする。維新は今後活力を失っていくのか,あるいは維持していくのか。大阪が抱える課題とあわせて議論する。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

※2021年12月5日(日)に,著者の善教将大先生と,ゲストの米重克洋さん(JX通信社)による本書刊行記念トークイベントを開催しました。
目次
序 章 2度の否決をめぐる謎の解明に向けて
 第I部 住民投票「前夜」
第1章 意外と緩い? 維新支持の特徴
第2章 なぜ大阪で維新は支持されるのか
第3章 クロス選の謎を解く
 第Ⅱ部 特別区設置住民投票
第4章 住民投票の特徴と反対多数をめぐる謎
第5章 賛成優位という虚構
第6章 拮抗する賛否,混乱する市民
第7章 毎日新聞報道で山は動かない
 第Ⅲ部 課 題
第8章 大阪における分断?
第9章 選択肢の不在
Column① 維新は改革するから支持される?
Column② 住民投票下の選挙管理
Column③ メディアの影響力は強い?
Column④ 世論調査は信用できない?
Column⑤ 維新を支持する人に聞いてみた(1)
Column⑥ 維新を支持する人に聞いてみた(2)

書評等

※『週刊金融財政事情』(2022年3月22日号)に書評が掲載されました。評者は,西川賢・津田塾大学学芸学部教授。
※書斎の窓の「書評」にて,飯田健同志社大学教授が本書を紹介しています。 →記事を読む
※『図書新聞』第3524号(2021年12月18日号)の「2021年下半期 読書アンケート」で取り上げられました。紹介者は,竹中佳彦・筑波大学教授。
※『週刊朝日』2021年12月10日号の「週刊図書館 今週の名言奇言」に書評が掲載されました。評者は,斎藤美奈子氏・文芸評論家。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016