HOME > 詳細 > 現代日本の政党政治 -- 選挙制度改革は何をもたらしたのか
同一ジャンルへ: 政治
現代日本の政党政治

現代日本の政党政治 -- 選挙制度改革は何をもたらしたのか

改革は成功したのか

濱本 真輔 (大阪大学准教授)/著


2018年08月発売
A5判上製カバー付 , 310ページ
定価 5,184円(本体 4,800円)
ISBN 978-4-641-14925-0


政治

○在庫あり

政党の離合集散が続く近年の日本政治。はたして1994年に行われた選挙制度改革は,期待通りの効果を日本政治にもたらしたのだろうか。本書は,制度変化から議員行動,政党組織,政党政治に至るまで,制度改革後の日本政治の変化を包括的に分析する。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 本書の目的
 第1部 文脈と理論
第1章 選挙制度改革と現代日本の政党政治
第2章 議員,政党組織,政党政治
 第2部 制度と環境
第3章 小選挙区比例代表並立制の定着
第4章 政党中心の選挙環境への変容
 第3部 議員行動
第5章 個人中心の選挙区活動,選挙運動の持続
第6章 族議員の変容
 第4部 政党組織,政党政治
第7章 分権的政党内制度の変容と持続
第8章 事後調整型政党政治の持続
第9章 執行部主導型党内政治への変容
終 章 選挙制度改革は何をもたらしたのか

書評等

※『朝日新聞』(2018年9月15日付)読書欄の「ひもとく 自民党総裁選」で取り上げられました。執筆者は,高安健将・成蹊大学教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016