HOME > 詳細 > 大人のための社会科 -- 未来を語るために

大人のための社会科 -- 未来を語るために

【創業140周年記念出版】ぐずぐず言わずに考えろ!――知の力で社会を変える

井手 英策 (慶應義塾大学経済学部教授),宇野 重規 (東京大学社会科学研究所教授),坂井 豊貴 (慶應義塾大学経済学部教授),松沢 裕作 (慶應義塾大学経済学部准教授)/著


2017年09月発売
四六判並製カバー付 , 250ページ
定価 1,620円(本体 1,500円)
ISBN 978-4-641-14920-5


政治
財政・公共経済学 > 財政学概論
経済理論 > ゲーム理論
歴史学 > 歴史学その他

○在庫あり

気鋭の社会科学者が,日本社会を12のキーワードから解きほぐし,未来への方向性を示す。「反知性主義」が幅をきかせる時代において,私たちがきちんと考え,将来を語り合うための共通の理解,土台となりうる「大人のための教科書」の誕生!

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

イベント関連情報

再開催決定!
台風接近のため中止となりました,2018年7月28日(土)の読書会を,再開催することになりました。

◎公式読書会のお知らせ◎

 公式読書会を,弊社主催で開催いたします。第1回(2月17日),第2回は4月26日に開催し,おだやかな話しやすい雰囲気のなかで議論・対話が行われ,楽しいひとときを持つことができました。(過去の読書会の様子は下記Facebookページで公開しています)
 第3回となる今回は,著者の松沢先生が参加されます。松沢先生と一緒にテーブルを囲み,いろいろとお話ししましょう。
 松沢先生のご担当章の,「時代」「運動」をおもなテーマとしますが,それにこだわらず,話の自然な流れを大事にしてフレキシブルに進めたいと思います。(公文書問題はぜひ松沢先生にうかがいたいところです)
【概要】
 日時:2018年12月1日(土)15:00~17:05
 人数:最大16名(10名以上の場合は2グループに分けます)
 場所:有斐閣本社ビル1階ロビー
 参加費:1500円(懇親会は実費) ※お申し込み時に,参加費のお支払いが必要です
 内容:『大人のための社会科』について参加者同士&松沢先生でディスカッション。「時代」「運動」について
 参加資格:『大人のための社会科』を読了していること。当日本を持参(電子書籍可)

*お申し込み・タイムスケジュール等の詳細につきましては,こちら(第3回『大人のための社会科』公式読書会!with松沢先生  Peatixページ)をご覧ください。

◎『大人のための社会科』刊行記念! トークセッション「GDPと民主主義と〈私〉」~宇野重規×坂井豊貴対談~(2017年10月13日)開催報告はこちら!

◎有斐閣創業140周年記念シンポジウム「ぐずぐず言わずに考えろ――知の力で社会を変える」(2017年9月29日)開催報告はこちら!
◎『大人のための社会科』Facebookページはこちら!

◆読者の方から本書の感想をお寄せいただきました!! →感想を読む

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
序 社会をほどき,結びなおすために――反知性主義へのささやかな抵抗
 第1部 歴史のなかの「いま」
第1章 GDP――「社会のよさ」とは何だろうか(坂井)
第2章 勤労――生きづらさを加速させる自己責任の社会(井手)
第3章 時代――時代を分けることと捉えること(松沢)
 第2部 〈私たち〉のゆらぎ
第4章 多数決――私たちのことを私たちで決める(坂井)
第5章 運動――異議申し立てと正統性(松沢)
第6章 私――自分の声が社会に届かない(宇野)
 第3部 社会を支えるもの
第7章 公正――等しく扱われること(坂井)
第8章 信頼――社会を支えるベースライン(宇野)
第9章 ニーズ――税を「取られるもの」から「みんなのたくわえ」に変える(井手)
 第4部 未来を語るために
第10章 歴史認識――過去をひらき未来につなぐ(松沢)
第11章 公――「生活の場」「生産の場」「保障の場」を作りかえる(井手)
第12章 希望――「まだ―ない」ものの力(宇野)

書評等

※『月刊教職研修』2018年8月号の「Book Review」で紹介されました。
※『フィランソロピー』384号(2018年2月号)の「Philanthropy Book Reviews」に掲載されました。
※『日本歴史』2018年2月号(837号)の「新刊寸描」に書評が掲載されました。
※「紀伊國屋じんぶん大賞2018 読者と選ぶ人文書ベスト30」第13位にランクインしました。 →記事を読む
※『Business Law Journal』2018年2月号の「<特集>法務のためのブックガイド2018」で紹介されました。紹介者は,大屋雄裕・慶應義塾大学教授。
※公益社団法人 読書推進運動協議会のリーフレット『2018年若い人に贈る読書のすすめ』に掲載されました。
※『婦人公論』2017年12月12日号「カルチャーセレクション book」に書評が掲載されました。評者は,仲俣暁生氏(編集者・文筆家)。
※『受験新報』2017年12月号の「図書紹介」に掲載されました。
※『週刊朝日』2017年12月1日号の「週刊図書館 今週の名言奇言」に書評が掲載されました。評者は,斎藤美奈子氏・文芸評論家。
※『出版ニュース』2017年11月中旬号の「情報区」に掲載されました。
※読売新聞ウェブサイト『YOMIURI ONLINE』の「本よみうり堂」に短評が掲載されました。 →記事を読む
※『日本経済新聞』(2017年11月9日付夕刊)の「目利きが選ぶ3冊」に書評が掲載されました。評者は,竹内薫氏・サイエンス作家。
※『朝日新聞』(2017年10月29日付朝刊)に書評が掲載されました。評者は,野矢茂樹・東京大学教授。
※『地方自治職員研修』2017年11月号の「BOOKS」に掲載されました。
※『MORGEN』No.185(2017年10月号)に書評が掲載されました。評者は,立花正人氏・福島県スクールカウンセラー。
※『日刊ゲンダイ』(2017年10月6日付)の「今日の新刊」に掲載されました。
※『週刊ダイヤモンド』2017年10月7日号の「特集 これなら続けられる!『独学力』」の「まず読んでみよう!独学に役立つおすすめ本リスト」に掲載されました。
※『都市問題』2017年10月号の「新刊紹介」に掲載されました。
※『公明新聞』(2017年9月25日付)の読書欄に掲載されました。
※『週刊エコノミスト』2017年10月3日号の「話題の本 BookReview」で紹介されました。
※『週刊ダイヤモンド』2017年9月30日号の「目利きのお気に入り プロによる働き方改革の軌跡 熟読したい大人の社会教科書」で紹介されました。紹介者は,岡﨑史子氏・三省堂書店有楽町店主任。
※『経済セミナー』2017年10・11月号の「新刊書紹介」に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016