HOME > 詳細 > 政治的寛容
同一ジャンルへ: 政治,国際政治
政治的寛容

政治的寛容

大阪市立大学法学叢書 > 大阪市立大学法学叢書 62

宇羽野 明子 (大阪市立大学教授)/著


2014年04月発売
A5判並製カバー付 , 282ページ
定価 7,020円(本体 6,500円)
ISBN 978-4-641-14908-3
‘Civil Tolerance’ in Sixteenth Century France: Coexistence under the idea of ‘Civility’

政治
国際政治
国際政治 > 国際政治史・国際関係史
国際政治 > 比較政治学
政治 > 政治思想・政治理論

○在庫あり

16世紀後半のフランスで宗派対立が激化するなか,台頭する寛容思想の1つである「寛容」を考察する研究書。政治的寛容を理解することに徹し,16世紀の政治思想,寛容思想へのさらなる理解へのステップになる意欲的作品。政治的寛容自体の先行研究がほぼ皆無の中,注目される一作。
目次
第1章 問題の所在--16世紀フランスの政治的寛容への視座
1 「政治的寛容」をめぐって
2 「ポリティーク派」の定義をめぐって
3 「シヴィリテ」と「衡平」をめぐって
第2章 16世紀フランス政治思想の位相
1 16世紀フランス政治思想と「法のシヴィリテ」
2 「政治的なるもの」と「シヴィリテ」の伝統
第3章 政治的寛容と法のシヴィリテ
1 「誤れる良心」論と政治的寛容
2 法のシヴィリテと良心の権利
3 政治的寛容とシヴィリテによる共生
第4章 モンテーニュの政治的寛容と「シヴィリテ」の伝統
1 モンテーニュの政治思想における「シヴィリテ」の伝統
2 モンテーニュの政治的寛容と良心の自由
あとがき
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016