HOME > 詳細 > 原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ
同一ジャンルへ: 政治
原因を推論する

原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ

政治分析の方法を身につける

久米 郁男 (早稲田大学教授)/著


2013年11月発売
四六判並製カバー付 , 278ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-14907-6
Causal Inference and Political Analysis

政治
やさしい入門書

○在庫あり

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!
 →詳細はこちら

実際に起こる政治現象を,印象論ではなく客観的にとらえ,なぜその現象が生じたのかを経験的・実証的に分析するには,どのような作法に従えばよいか。政治学だけでなく,広く社会科学を学ぶ読者を対象に,身近で一般的な社会現象や政治現象を題材に解説する。



※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 説明という試み
第1章 説明の枠組み─原因を明らかにするとはどういうことか
第2章 科学の条件としての反証可能性─「何でも説明できる」ってダメですか?
第3章 観察,説明,理論─固有名詞を捨てる意味
第4章 推論としての記述
第5章 共変関係を探る─違いを知るとはどういうことか
第6章 原因の時間的先行─因果関係の向きを問う
第7章 他の変数の統制─それは本当の原因ですか?
第8章 分析の単位,選択のバイアス,観察のユニバース
第9章 比較事例研究の可能性
第10章 単一事例研究の用い方
終 章 政治学と方法論
ちょっと長い,少し個人的な,あとがき

書評等

※『日本経済新聞』2015年8月11日付の朝刊29面で,この夏お薦め「自分を磨くビジネス図書」として紹介されました。紹介者は早稲田大学ビジネススクール・根来龍之教授。
※『信濃毎日新聞』2014年1月12日付の朝刊「読書」で取り上げられました。評者は赤川学・東京大学准教授。
※『アジア経済』第56巻第1号(2015年3月)に書評が掲載されました。評者は中村正志・アジア経済研究所地域研究センター研究員。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016