HOME > 詳細 > 知的財産権法概論 第3版
同一ジャンルへ: 知的財産法
知的財産権法概論

知的財産権法概論 第3版

種々の知的財産権法を横断的に解説

紋谷 暢男 (成蹊大学教授)/著


2012年04月発売
四六判並製カバー付 , 482ページ
定価 3,410円(本体 3,100円)
ISBN 978-4-641-14435-4


知的財産法
入門書・概説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


種々の知的財産権法を横断的に解説することで,1つの発明・著作物等の創作に権利が発生してから標識を付して流通し,実際に活用されるまでに,諸法でどのような保護を受け,権利侵害にいかなる救済手段が用意されているかを分かりやすく示した。重要判例を抜粋して各所に掲載したほか(判例一覧付),巻末には関連条約を収録。
目次
第1章 知的財産権法
 第1節 知的財産の概念
 第2節 知的財産権法の現代的意義と基本法
第2章 知的財産権の種類および保護法
 第1節 著作権
 第2節 工業所有権
 第3節 その他の知的財産権
 第4節 知的財産権による重畳的・関連的保護
第3章 知的財産権の法的性格
 第1節 概 要
 第2節 公共上の制約
 第3節 権利の不安定性
 第4節 権利客体の範囲の不明確性
 第5節 権利の共有
第4章 知的財産権の発生
 第1節 概 要
 第2節 権利発生の要件
 第3節 権利発生の手続
第5章 知的財産権の利用
 第1節 権利の行使(積極的効力)
 第2節 権利の効力の制限
 第3節 権利の変動
 第4節 知的財産権の活用
 第5節 知的財産権と独占禁止法
第6章 知的財産権の侵害および消滅
 第1節 権利侵害の態様(消極的効力の範囲)
 第2節 権利侵害に対する救済
 第3節 権利の消滅
第7章 知的財産権の国際的保護
 第1節 保護の性質
 第2節 ベルヌ条約および万国著作権条約
 第3節 パリ条約
 第4節 TRIPs協定
 第5節 その他の国際的保護規制
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016