HOME > 詳細 > 著作権法入門
同一ジャンルへ: 知的財産法
著作権法入門

著作権法入門

著作権法の基礎を固めたい人に

島並 良 (神戸大学教授),上野 達弘 (立教大学准教授),横山 久芳 (学習院大学教授)/著


2009年10月発売
A5判並製カバー付 , 310ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-14373-9
Copyright Law in japan

知的財産法 > 著作権法
入門書・概説書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし
ウェブサポート

◎2014年2月の第7刷発行に際し,2009年の本書刊行以降の重要な判決・法改正などに関する追補を作成いたしました。
 第6刷までの本書をお持ちの方は併せてご利用ください。
 →◎追補をみる

人の創作活動は,日常生活やビジネスにとって欠かせないものであり,著作権法に対する理解の重要性も益々高まっている。本書は,初めて著作権法を学習する人に最適の入門書。具体的事案を多用したわかりやすい解説により,著作権法とは何かを興味深く学ぶことができる。

※関連書籍ご紹介『特許法入門』
目次
第1章 著作権法への招待
 第1節 はじめに
  第2節 著作権の正当化根拠と特徴
 第3節 全体の見取り図
第2章 著作物
 第1節 著作物性
 第2節 著作物の種類
 第3節 権利の目的とならない著作物
第3章 著作者
 第1節 総論
 第2節 創作者主義の原則
 第3節 創作者主義の修正
第4章 著作者人格権
 第1節 総論
 第2節 著作者人格権
 第3節 みなし著作者人格権侵害
 第4節 著作者が存しなくなった後における人格的利益保護
第5章 著作権
 第1節 著作権の発生と効力
 第2節 法定利用行為
 第3節 権利制限
 第4節 保護期間
第6章 著作隣接権
 第1節 総論
 第2節 実演家の権利
 第3節 レコード製作者の権利
 第4節 放送事業者の権利
 第5節 有線放送事業者の権利
第7章 権利の活用
 第1節 活用の類型
 第2節 権利者が複数人の場合
第8章 権利侵害
 第1節 権利侵害の要件
 第2節 民事救済
 第3節 刑事罰

ウェブサポート

この度,第7刷発行に際し,初版(2009年)刊行以降の重要な判決・法改正などに関する追補を作成いたしました。本書の初版をお持ちの方は併せてご利用ください。 →◎追補をみる

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016