HOME > 詳細 > 必要的共同訴訟の研究
同一ジャンルへ: 民事訴訟法
必要的共同訴訟の研究

必要的共同訴訟の研究

鶴田 滋 (大阪市立大学教授)/著


2020年03月発売
A5判上製カバー付 , 326ページ
定価 7,700円(本体 7,000円)
ISBN 978-4-641-13825-4


民事訴訟法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


前著『共有者の共同訴訟の必要性──歴史的・比較法的考察──』において行った基礎的考察を前提に,必要的共同訴訟に関する主要問題について具体的な解釈論を提示する。前著の刊行後に発表された研究論文に加筆,修正したものを一冊にまとめた。
目次
第1部 必要的共同訴訟の根拠と構造
 第1章 通常共同訴訟と必要的共同訴訟との境界
 第2章 民事訴訟法における伝統と革新
 第3章 共有者を原告・被告とする訴訟における固有必要的共同訴訟の成否
 第4章 固有必要的共同訴訟の構造
 第5章 共有者の内部紛争における固有必要的共同訴訟の根拠と構造
 第6章 複数の株主による責任追及訴訟における必要的共同訴訟の根拠
第2部 固有必要的共同訴訟における共有者の訴権保障
 第1章 ドイツにおける固有必要的共同訴訟と訴権保障
 第2章 共有者の共同訴訟の必要性と共有者の訴権の保障
 第3章 共有者の共同訴訟の必要性と共有者の訴権の保障・再論
第3部 必要的共同訴訟における手続規律 
 第1章 固有必要的共同訴訟における実体適格と訴訟追行権
 第2章 固有必要的共同訴訟における訴えの取下げと脱退
 第3章 必要的共同訴訟における上訴と脱退
 第4章 必要的共同訴訟人間の参加的効力
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016