HOME > 詳細 > 家事事件手続法 -- 理論・解釈・運用
同一ジャンルへ: 民事訴訟法
家事事件手続法

家事事件手続法 -- 理論・解釈・運用

理論が斬る!

高田 裕成 (東京大学教授)/編著


2014年12月発売
A5判並製カバー付 , 454ページ
定価 3,888円(本体 3,600円)
ISBN 978-4-641-13703-5
Domestic Affairs Procedure

民事訴訟法 > 人事訴訟・家事審判・調停・家事相談

○在庫あり

論究ジュリスト誌上で,研究者・実務家双方より好評を博した研究会を単行本化。家事事件手続法の制定過程における議論を下敷きに,理論的・実務的な視角から検討を加え,その理念と残された課題,運用にあたっての指針を示す。
目次
Part. 01 家事事件手続法の全体像─改正の経緯・意義,新法の特色・構成
Part. 02 総則(1)─家事事件手続通則
Part. 03 総則(2)─管轄,裁判所
Part. 04 総則(3)─当事者
Part. 05 総則(4)─手続費用,家事事件の審理等
Part. 06 家事審判に関する手続(1)─家事審判の手続・通則
Part. 07 家事審判に関する手続(2)─家事審判の申立て,期日
Part. 08 家事審判に関する手続(3)─事実の調査と証拠調べ
Part. 09 家事審判に関する手続(4)─子の意思の把握,別表第2事件の家事審判手続における特則
Part. 10 家事審判に関する手続(5)─審判等,申立ての取下げ
Part. 11 家事審判に関する手続(6)─不服申立て
Part. 12 家事審判に関する手続(7)─再審,審判前の保全処分
Part. 13 家事調停に関する手続(1)─家事調停とその手続
Part. 14 家事調停に関する手続(2)─合意に相当する審判,調停に代わる審判
Part. 15 履行の確保
Part. 16 各則─家事審判事件

書評等

◆書斎の窓の「書評」にて,本間靖規・早稲田大学教授が本書を紹介しています。 →記事を読む

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016