HOME > 詳細 > 要説環境法 第4版
同一ジャンルへ: 環境法
要説環境法

要説環境法 第4版

環境法の全貌を俯瞰するテキストの最新版

南 博方 (筑波大学名誉教授・一橋大学名誉教授),大久保 規子 (大阪大学教授)/著


2009年11月発売
四六判上製カバー付 , 298ページ
定価 2,484円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-13071-5


環境法
入門書・概説書

○在庫あり

膨大な数の環境法令と判例を整理・解説し,問題の所在を指摘し,俯瞰的に,わかりやすく簡潔に叙述する。生物多様性基本法,バイオマス活用促進基本法などの制定,温暖化対策推進法,科学物質審査規制法などの改正にともなう改訂等を織り込んで第4版とした。
目次
1 環境の時代を迎えて
2 環境の意義と環境法の体系
3 環境権論争とその動向
4 環境基本法の理念と政策
5 環境アセスメントの手続と課題
6 環境リスク管理の手法と仕組み
7 環境汚染を規制する法
8 環境の保全と再生のための法
9 循環型社会形成のための法
10 経済的手法による環境の保全と創造
11 民事公害損害賠償訴訟
12 環境阻害行為の民事差止訴訟
13 環境行政訴訟
14 行政機関による環境紛争処理
15 地球環境問題と国際環境法
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016